復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【実用】iPhoneで「最近削除した項目」からファイルを復元する裏ワザ

by 幾田 千夏, 2022-06-02
初心者におすすめ

紛失したワードファイルの復元に欠かせないソフトです。「FonePaw データ復元 」は上書きされたWordにせよ、未保存のまま閉じたWordにせよ、誤って削除しまったWordにせよ、簡単に復元することは可能です。まずはお試しを!

無料お試し 無料お試し

近年、大切な思い出を写真集を作らずにiPhoneに保存することが一般的になっています。誤って写真を削除してしまったり、iPhone/iPadの破損や紛失により、データが失われる可能性は非常に高くなります。

この記事では、iPhoneから完全に削除された写真やビデオを復元する最も効率的な方法を紹介します。

一、空にした「最近削除した項目」フォルダを復元するのは可能ですか

iPhoneの「写真」アプリでは、削除した写真や画像は、削除後30日間「最近削除した項目」に保存されます。削除後30日経過すると、「最近削除した項目」からも写真/画像が削除され、削除されるまでの残り日数は「最近削除した項目」から確認することができます。

削除したファイルはiCloud、iTunesにバックアップしたことがあれば直接に復元可能です。

iPhoneの「写真」アプリ

二、最近削除した項目フォルダからiPhone写真/ファイルを復元する方法

iPhone/iPad/iPod touchの「最近削除した項目」フォルダから削除した写真を復元するには、以下を参照してください。


1、「写真」アプリを起動します。

2、「最近削除した項目」フォルダーをタップします。

3、選択ボタンをタップして、復元したい写真を選択します。

4、画面下部の「復元」をタップします。

最近削除した項目


「最近削除した項目」フォルダは、デバイス上で多くのスペースを占めますが、データ消失の際に非常に役立ちます。容量を使いすぎたり、無料のクラウドストレージアプリを使用している場合は、写真をバックアップに移動または転送することをお勧めします。また、iCloudに同期またはバックアップすることで、大切な写真をすべて保存することができます。

しかし、バックアップデータが一切ない、また削除されたファイルの保存期間を超えた場合、どうすればいいのか。一般的に、専門のiPhoneデータ復元ソフトを利用する必要があります。

三、バックアップなしで完全削除したiPhoneの写真を復元

FonePaw データ復元 」は、失われた写真、ビデオ、メッセージ、連絡先、通話履歴、メモなどをiPhoneまたはiTunes/iCloudバックアップからPC/Macで復元するために開発されています。実際の利用方法は以下の通りです。


ステップ1、 ソフトを実行し、USBケーブルでデバイスとパソコンを接続します。デバイスを識別されたら、「スキャン開始」のボタンを押してください。


ステップ2、 iOS 13とiOS 13以降のデバイスは、「一般スキャンを実行」または「ディープスキャンを開始」の選択が表示されます。

スキャンモードを選択


ステップ3、 ディープスキャンでは、スキャン途中に、2回~4回ほどiPhoneのパスワードを入力するように、メッセージが表示されます。メッセージが表示する時、iPhone側でパスワードを入力してください。ディープスキャンは少し時間がかかります。

パスワードを入力


ご注意:iTunesで「iPhoneのバックアップを暗号化」あるいは「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れている場合、iTunesのパスワードを入力する必要があります。


ステップ4、 デバイスの解析が完了すれば、中にあるすべての内容はカテゴリ別で表示されます。これらを一つずつプレビューすることもできます。ここで復元したいデータにチェックを入れて、「復元」ボタンを押せば、データはパソコン中にある出力フォルダに復元されます。出力フォルダはいつでも自由に好きな位置を設定できます。

復元したいデータにチェック


無料お試し 無料お試し

四、バックアップからiPhone写真、ファイルを復元する

デバイスから直接にファイルを復元する以外、「FonePaw iPhoneデータ復元」の利用でiTunes、iCloudのバックアップファイルからデータを復元することもできます。公式アプリと違って、「FonePaw iPhoneデータ復元」はバックアップファイルを中身の確認でき、復元したいファイルをプレビューすることもできます。とても便利なツールとなります。

Tunesから完全削除されたiPhoneのデータを復元

ステップ1、 ソフトを実行し、第二のモード「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックします。パソコン中にあるiTunesバックアップファイルは自動的に検出されます。復元したいバックアップファイルを選び、「スキャン開始」ボタンをクリックしてください、ソフトはiTunesバックアップファイルの中身を解析します。

iTunesバックアップファイルの中身を解析


ステップ2、 解析が完成後、iTunesバックアップファイルの中身をカテゴリ別でプレビューできます。復元したいデータをチェックして、「復元」ボタンをクリックすれば、選ばれたデータは復元されます。

iCloudバックアップファイルから復元

iCloudから完全削除されたiPhoneのデータを復元

「iCloudバックアップファイルから復元」のモードを選択し、Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインします。するとアカウント下の全部のバックアップファイルを確認できます。バックアップ機種と時間なども確認できますので、復元したいバックアップファイルを選び、ダウンロードしてください。

復元したいバックアップファイルをダウンロード


ダウンロードされたバックアップファイルは中身を確認できます。復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」ボタンを押してください。パソコンで出力フォルダを開いたら、復元されたデータをパソコンで見ることができます。


無料お試し 無料お試し

まとめ

誤ってiPhoneから写真を削除してしまった場合や、写真が突然消えてしまった場合は:まず「最近削除した項目」フォルダを確認してください。

「最近削除した項目」フォルダーからも写真が削除されている場合は:「FonePaw iPhoneデータ復元」の利用で写真を復元できる可能性があります。

iTunesのバックアップがある場合は:「FonePaw iPhoneデータ復元」はこのバックアップから写真を復元することができます。また、iPhoneに直接復元することもできます。

iCloudバックアップがある場合は:復元しなくても「FonePaw データ復元 」でバックアップから写真を抽出することができます。


無料お試し 無料お試し