2021最新!動画の画質(解像度)を上げられるフリーソフト5選【高画質化】

星野 毅, 2021.9.14
初心者におすすめ

動画の高画質化に最適な動画編集ソフトです。動画の画質(解像度)を上げたり、ノイズを除去したりすることで、動画が綺麗でじっくり見えやすくなります。まずはお試しを!

撮影した動画や録画した動画を見る際、「この動画の画質が悪いな」と思ったことはありませんか。その時、動画を高画質化にして綺麗でじっくり見えやすくなりたいでしょう。そこでこの記事では、動画の画質(解像度)を上げられるフリーソフトを厳選して紹介します。

動画を高画質化するフリーソフトNO.1:FonePaw スーパーメディア変換

FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) は動画変換フリーソフトとして、ノイズ除去、色調補正、画質補正カット、結合、フォーマット変換、クロップ、黒ベタ追加、回転・反転、フェード効果挿入、テロップ、音楽追加など基本的な編集機能が備わっています。動画を最大4Kの解像度(3840×2160)で、144fpsまで上げることができます。なお、CPU使用率はものすごく低く、パソコンへの負荷を軽くして編集できることは魅力です。

実は、動画の画質を良くする方法は解像度を上げるという1つに限られていません。 「FonePaw スーパーメディア変換」 を使えは、輝度やコントラストの調整により、画面の暗い動画を明るくする、または明度やホワイトバランス、色相、彩度の調整により、動画の色調補正をするなどができます。

それでは、「FonePaw スーパーメディア変換」 に搭載されている 「動画強化」 機能を使って、動画の画質を上げる方法を簡単に紹介します。

ステップ1. ビデオファイルを追加する

ソフトをインストールしたあと、起動します。そして、 「ツールボックス」 をクリックし、中から 「動画強化」 を選択して、画質を上げたい動画をソフトに追加します。

スーパーメディア変換 メイン画面

ステップ2. 高画質に変換する

ファイルを追加したあと、以下のように4つの選択肢が出てきます。 「高級解像度」 機能で、動画の解像度を変更できます。 「明るさとコントラストを最適化」 を選ぶと、動画の明るさとコントラストを調整できます。 「ビデオノイズを取り除く」 すれば、動画のノイズ除去ができ、画面がきれいに見えます。 「ビデオ揺れを減らす」 すれば、動画の画面がより見やすくなります。需要に応じて、利用したい機能にチェックを入れてください。

スーパーメディア変換 動画強化

ステップ3. 変換した動画をエクスポートする

最後は 「強化」 ボタンをクリックしてください。すると、画質を上げる作業が始まり、完了したあと動画はパソコンにエクスポートされます、変換完了少し待ってください。これらの調整をすれば、動画が見やすくなり、画質もよくなれます。動画を高画質で鑑賞しましょう!

このソフトに興味があれば、ダウンロードボタンを押して、 「FonePaw スーパーメディア変換」 を無料ダウンロードしましょう。

ビデオ効果調整

動画を高画質化するフリーソフトNO.3:Filmora

Filmoraという動画高画質化ソフトは日本にあっても有名です。大体カット、テロップ挿入、画像挿入、音楽挿入、映像の明るさなどの編集トランジション(場面切り替え)の編集、エフェクトの追加などの基本的な編集で構成されています。無料・有料テンプレート素材を提供して、テンプレート一つ一つがプロが使用するような編集を簡単に再現できるため、簡単にプロ並みの編集をしたい方におすすめします。

機能が優れたFilmoraには物足りないところがあります。無料試用版では、動画を出力する際に 「Fimora」 のロゴが大きく出てきます。ロゴを消すにはFilmora製品版(6980円)を購入するしかありません。

「FonePaw スーパーメディア変換」 なら、無料版を利用しても、ロゴなしの動画を出力できます。製品版を希望するなら、2480円のみで手に入れられます。

filmora

動画を高画質化するフリーソフトNO.2:AviUtl

AviUtlは人気がある動画高画質化フリーソフトです。色調補正、拡張色調補正、ノイズ除去、バンディング低減、リンギング低減、ソースのデブロックなどの編集プラグインで動画の画質を上げられます。拡張性が高いのは特徴です。例えば、プラグイン次第でどんなファイル形式も読み込めるし、どんなファイル形式でも出力できます。自分が求めるエフェクト効果も自作できたり、モーショングラフィックスソフトみたいな事も出来ます。

無料で使えるAviUtlは、デフォルトではAVI、JPG、WAVしか読み込めません。また、編集機能が制限されているので、拡張編集プラグインを導入しないと高度な編集を行えません。拡張編集プラグインの導入 (opens new window)は少しややこしそうで、必要以上の時間がかかると予想されます。この面から見ると、動画編集初心者にはおすすめしません。シンプルな操作で動画の画質を上げたい方には、 「FonePaw スーパーメディア変換」 をお勧めします。使い方がわかりやすいので、初心者でも上手く使えます。

aviutl 画質向上

動画を高画質化するフリーソフトNO.4:Avidemux

Avidemuxは、動画の高画質化に特化したフリーソフトです。通常に、デジタル化した古い映像はノイズが乗っていたり、輪郭がにじんで見えにくかったりするのが基本です。そんなときはAvidemuxで明るさ・コントラスト調整したり、ぼやけた映像をクッキリと表示させるシャープフィルターを適用したり、画面上でのノイズを除去したりすることで、古い映像も高画質化されます。

ただ、日本語化にひと手間かける必要があるし、不具合・バグに関する報告も多いのでご注意ください。

avidemux

動画を高画質化するフリーソフトNO.5:Video Enhancer

Video EnhancerはWindows・Macどちらにも対応している動画画質化ソフトです。インターレース解除、ノイズ除去、ブロック解除、色補正、安定化、シャープ化、視覚効果の強化などの強力で動画の高画質化を実現できます。特に、超解像技術を用いれば、低解像度ビデオを高解像度(HD)、またはHDから4Kに変換することができます。

Video Enhancerの言語表記は日本語に対応しないのでご注意ください。ソフト利用の支障になると思う方には、やはり全日本語対応の 「FonePaw スーパーメディア変換」 がおすすめです。

Video Enhancer

動画高画質化ソフトを比較してみる

以上は動画高画質化ソフト5選を紹介しました。一読だけでよくわかるように、紹介した5選の動画高画質化ソフトを比較して一覧表にまとめてみました。

製品名FonePaw スーパーメディア変換FilmoraAviUtlAvidemuxVideo Enhancer
Windows対応(10/8/7)
Mac対応×××
日本語対応××
使いやすさ★★★★★★★☆☆★★☆★★☆
拡張編集プラグインの導入不要不要必要不要不要
価格2,480円6,980円無料無料無料
おすすめ度★★★★★☆★★☆★☆☆★☆☆

動画高画質化フリーソフトは基本的に日本語に対応しておらず、利用上に不便なところも時々あります。効率的に動画の画質(解像度)を上げたい初心者には、「FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window)」がおすすめです。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.