【即解決】iPhone写真復元:iPhoneの写真を簡単に復活させる方法

冬馬 春希, 2021.10.21
サマリー:

iPhoneの写真を間違って削除してしまい、或いは後悔して、削除した写真を復元したい場合、削除したiOSデータを安全に復元できますソフト「FonePaw iPhoneデータ復元 」に任せてください。今すぐ「無料お試し」をクリックしましょう!

撮影機能が非常に優れているiPhoneを使って、写真を撮る人はたくさんいます。数多くの写真・画像を撮った後、いらない写真を削除することがありませんか?でも、思わず残したかった写真まで間違えて削除してしまうことがよくあると思います。削除したiPhoneの写真を復元するには、いろんな対策はあります。では、これからお勧めのiPhone写真復元方法を四つ紹介します。普通に削除した写真を復元する方法はもちろん、iPhoneから完全削除した写真を復元する方法も紹介します。ぜひ、最後まで読んでください。

一、「最近削除した項目」から写真を復元

iOS 8から、iPhoneの写真アプリに「最近削除した項目」の機能が追加されました。この機能を利用すれば、30日以内に削除した写真ファイルを簡単に取り戻すことができます。原理といえばPCのゴミ箱みたいのようなもので、ゴミ箱を消去してない場合は元のファイルをそのまま復元可能です。もし30日を超えたら、専門的な復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元 (opens new window)」を利用するのは必要となります。

1.「写真」 アプリをタップして、「最近削除した項目」 を選択します。
2.右上の 「選択」 をタップし、復元したい写真を選択します。
3.右下の 「復元」 をタップします。

「最近削除された項目」から写真を復元

これで復元できます。とても簡単でしょう。全ての写真を復元したい時は、「選択」 をタップしたら、右下の 「すべて復元」 をタップしてください。

# 対応できない時もある

この方法は、「最近削除した項目」にまだデータが残されている場合のみ対応します。容量を節約するために、すぐにiPhoneの「最近削除した項目」からデータを完全削除する人もいますので、削除する前にちゃんとデータの内容を確認してください。または30日が過ぎたら写真は自動的にiPhoneの「最近削除した項目」から完全削除されますので。そんな時は、完全削除したiPhoneの写真を復元できる三つのデータ復元する方法を参照にしてください。

一つはiPhone写真復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元 (opens new window)」を使って、完全削除したiPhoneの写真を復元する方法です。そして、iTunes或いはiCloudのバックアップを使って、元のデータが上書きされるによって完全削除したiPhone写真を復元のも可能です。

とりあえず、この三つの方法を詳しく説明する前に、下記の比較表をご覧ください

機能性FonePaw iPhoneデータ復元iTunesiCloud
iTunesのバックアップからデータを復元
iCloudのバックアップからデータを復元
バックアップなし写真を復元
他のiPhoneのデータが上書きされない
写真をiPhoneに直接に復元する
写真をPCに抽出する

「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って完全削除したiPhoneの写真を復元

まずは、iTunes及びiCloudでバックアップしたことがなくても、iPhone本体から完全削除した写真を復元できる専門的なデータ復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元 (opens new window)」を紹介します。iPhone写真復元ソフト 「FonePaw iPhoneデータ復元」 は完全削除したiPhoneの写真を復元できるだけではなく、簡単にデータをバックアップすることもできます。また、 「FonePaw iPhoneデータ復元」 にはより迅速・完全なスキャンモードが搭載されていますので、ディープスキャンの高成功率を確保する以上、スキャン速度も上げます。「FonePaw iPhoneデータ復元」の最新バージョンはiOS15対応済みので、iOS15にアップデートしたユーザーも制限なしで使えます。

ステップ1. パソコンにiPhone写真復元ソフト 「FonePaw iPhoneデータ復元」 をインストールして起動します。

iPhoneを繋ぐ

ステップ2. そして、ソフトの表示した指示に従って、iPhoneデバイスをパソコンに接続し、デバイスの分析を始めます。

iPhone パソコン 接続

ステップ3. デバイスを分析した後、iPhoneをスキャンし始めます。このステップでiPhoneに全てのデータをカテゴリ別に分けました。写真、音楽、動画、メッセージなどを見えるようにします。復元したい写真をいちいちチェックすることができます。

写真をプレビュー

ステップ4. 復元したいデータをチェックボックスに入れてから、右下の 「復元」 ボタンをワンクリックすれば、完全削除したiPhoneの写真でも復元できます。

iPhoneの写真を復旧

それに、iTunes/iCloudで作成したバックアップがあれば、完全削除したiPhone写真を復元するのはなおさら簡単です。今回は、「FonePaw iPhoneデータ復元 (opens new window)」を使って、iTunesで作成したバックアップから写真を復元します。まずは、iPhone写真復元ソフト 「FonePaw iPhoneデータ復元」 を起動し、左側の復元方式を選択してから、目当てのバックアップファイルの時点を選択しなさい。

iPhone写真確認

続いては当バックアップのファイルを確認し、復元したい写真を選択し、保存用のパスを指定してから写真を復元し始めます。

iTunesバックアップを見る

ちなみに、この二つの方法を使用したら、バックアップファイルを解読でき、完全削除したiPhoneの写真のみまたは全てのデータを復元することができます。

三、iTunesバックアップから完全削除したiPhoneの写真を復元

iTunesでバックアップを復元すると、iPhoneの現在のデータはすべて上書きされますのでご注意ください。もし、それでもiTunesで完全復元をしたいなら、まずは上書きされてはいけないiPhoneのデータ(写真、音楽、ファイルなど)をPCにバックアップした方がいいと思います。

ステップ1、 iTunesを起動してから、iPhoneを接続して、デバイスのアイコンをクリックします。

デバイスのアイコンをクリック

ステップ2、 iPhoneの概要で 「バックアップを復元」 をクリックします。

バックアップを復元

バックアップなしの場合、データ紛失を回避するため、iPhoneでの操作を控え、「FonePaw iPhoneデータ復元」 (opens new window)を利用し復元作業を最優先にしてください。

四、iCloudバックアップから完全削除したiPhoneの写真を復元

iCloudでバックアップを復元すると、iTunesと同じような問題があります、つまりiPhoneの現在のデータはすべて上書きされます。もしこの方法を使って削除した写真を復元するのを決めたら、前もって現在のiPhoneのデータをPCにバックアップすることを忘れないでください。詳しい手順は下記画像の通り、 「Appとデータ」→「iCloudバックアップから復元」 を順次に選択します。

iCloudバックアップから復元

復元したいバックアップデータを選択してください。そのあと、復元が始まるので終わるまでしばらく待ちましょう。

iCloudバックアップから復元中

# 終わりに

以上はiPhoneから完全削除した写真を復元方法の紹介でした。いずれの方法でもiPhoneから削除した写真を復元できますが、30日間の保存期限を超えるなら「FonePaw iPhoneデータ復元 (opens new window)」のような専門的なiPhone写真復元ソフトを利用することがおすすめです。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.