復旧・修復
データ転送
マルチメディア

【iPhone写真復元】iPhoneから完全削除した写真・画像を復元する方法!30日以上も対応

author 藤原 陽翔
date 2023-11-14
概要

本記事はiPhoneの写真アプリから一時的に削除また完全削除された写真や画像を復元できるいくつかの効果的な方法を紹介します。その中、「FonePaw iPhoneデータ復元」は複雑な操作なし、削除した写真を含む様々なパターンで消した写真をすべて取り戻せます。削除してから30日以上超えた写真でも、バックアップなしでも気軽に復元可能で、復元前にプレビューで確認!無料で使ってみましょう。

無料お試し 無料お試し

多くの人はiPhoneにたくさんの写真を撮って写真アプリに保存するのでしょう。

「iPhoneの写真を誤って削除しちゃった…」

「最近削除した項目にもない、30日過ぎて完全削除されてしまったようですが復元方法がわからない…」

など写真や画像が詰まっているカメラロールを整理した時、思わずに思い出の詰まった写真もしくは残したかった大切な画像をうっかり削除してしまうと、慌ててすぐ取り戻したい気分になりますよね。iPhoneのリセット・機種変更、不具合や破損などで写真が消えてしまう場合もあります。こんな場合でも、適切な対処方法を知っていれば自分で復元できる可能性が高いです。

本記事では、バックアップの有無やパソコンの有無に関わらず、様々なパターンで削除したiPhoneの写真や画像を復元する方法を比較しながら説明しますので、ぜひ最後まで読んでシーンに応じて適切な方法を選びましょう。

iPhone写真復元

iPhoneの写真復元が必要となる場合

まず、なぜiPhoneの写真復元が必要となるのか、一般的なケースを見ていきましょう。

  • 間違えて削除してしまった
  • iPhoneのリセットによる写真を含むすべてのデータが削除された
  • 機種は変更されたがすべてのデータが最新機種に移行されていなかった
  • iPhoneの容量不足で一部の写真や画像が自動削除された
  • アップデート中にiPhoneのデータが消えてしまった
  • iPhoneの論理的また物理的な障害でデータが失われた

以上のiPhoneの写真復元が必要となる場合は、主に「誤削除」と「何等かの原因による消失」というパターンに分けられます。次は、これらの場合に対応できる復元方法を説明します。

iPhoneから完全削除した写真を復元する方法「バックアップなし」

iPhoneの写真復元といえば、ほとんどの場合、写真は完全に削除されています。この場合では、専用のiPhone写真復元ソフトウェアを使えば、バックアップがなくても、完全に削除されたiPhoneの写真を簡単に復元することができます。

ここでは、FonePaw iPhoneデータ復元というiPhoneのデータ復元に特化したソフトをお勧めします。このソフトはiPhone本体のデータをスキャンして、わずか3クリックでiPhone内のすべてのデータを自動検出して需要に応じて復元作業を行います。対応可能なデータ種類が数十種類以上あり、写真を含むほぼすべてのデータが復元可能です。復元前にiPhoneの削除された写真をプレビューして、部分または全体を選択的に復元できます。インターフェースが簡潔で、使い方もシンプルで復元ソフトを使ったことがない方でも気軽に操作します。以下のボタンでソフトをダウンロードして無料試用しましょう。

無料お試し 無料お試し

FonePaw iPhoneデータ復元のおすすめ理由:

  • バックアップなしでもiPhone/iPadから消した写真が復元できる
  • 高速のスキャンモードで、速さを保ちながら高成功率も同時に確保
  • iPhone既存データの損失や上書きを心配することはない
  • 復元前プレビュー可能、選択的な復元をサポート
  • iTunes/iCloudバックアップ内の写真を確認して選択的に取り出す機能も備える
  • データがPCに復元されるため、デバイス容量不足/容量圧迫を回避できる

FonePawを使ってiPhoneから完全削除した写真を復元する手順

ステップ1. パソコンにiPhone写真復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元」をインストールして起動します。「iOSデバイスから復元」を選択します。

メイン画面

ステップ2. iPhoneをパソコンに接続し、スキャンモードを選択して、iPhoneのデータスキャンを開始します。このステップでiPhone内の全てのデータがカテゴリ別に分けて左側で表示されます。

iPhone 写真をスキャン

ステップ3. 結果の一覧表示から、iPhoneから復元したい写真や画像をプレビューして選定し、保存先を設定してから「復元」ボタンをクリックします。作業が完了すると、iPhoneの完全削除した写真がパソコンに復元されます。

iPhoneの写真を復旧

FonePaw iPhoneデータ復元」はiPhoneすべてのモデル(iPhone 14/15を含む)に対応し、最新のiOS 17に対応済み、iOS 17にアップデートしたユーザーも制限なしで使えます。高速なスキャンモードを搭載しますので、数分だけで、1000 枚以上の削除済み写真をスキャンできます。使い勝手が良く、写真の高い回復率と安全性を両立できる素敵なiPhoneデータ復元ソフトウェアです。

無料お試し 無料お試し

💡写真だけでなく、30種類以上のデータ対応を復元できる
  • 「FonePaw iPhoneデータ復元」はiPhoneから完全削除した写真復元以外、メッセージの復元メモの復元動画の復元など、様々なデータの復元も対応しています。iPadのデータ復元もサポートします。需要があれば、ぜひ使ってみてください。

ビデオチュートリアル:直感的にiPhoneの写真を復元する方法を学ぶ

より多くのiPhone向けのデータ復元ソフトをお探しである場合、以下の関連記事を参考にしてください。

iPhoneから削除した写真を復元する基本的な方法

iPhoneで大切な写真や画像をうっかり削除してしまったことに気づいたら、以下の方法を試して、写真や画像が完全削除されしまうまでに復元しましょう。

方法1:「最近削除した項目」からiPhoneの写真を復元「パソコンなし」

iOS 8から、iPhoneの写真アプリに「最近削除した項目」の機能が追加されました。この機能を利用すれば、30日以内に削除した写真ファイルを簡単に取り戻すことができます。原理といえばPCのゴミ箱みたいのようなもので、ゴミ箱から消去されていない限り、元のファイルがそのまま復元可能です。

この方法は、パソコンを経由せずにiPhone内で操作するだけで、「最近削除した項目」からのファイル復元ができます。

「最近削除した項目」からiPhoneで削除した写真を復元する手順:

ステップ1. iPhoneのホーム画面から「写真」アプリをタップして、下の「アルバム」タブをタップします。

ステップ2. 画面を下にスクロールして、「最近削除した項目」を選択します。

最近削除した項目 選択

ステップ3. 右上の「選択」をタップし、復元したい写真を選択します。iPhoneで最近削除した項目から写真を復元するには、一枚ずつで復元、複数選択して復元とすべて復元という3つの方式があります。

  • 復元したい写真をタップして、右下の「復元」をタップして「写真を復元」を選択して個別に復元します。
  • 複数の写真を復元するには、右上にある「選択」をタップして写真を複数選択してから「復元」をタップして「○枚の写真を復元」を選択します。
  • 全部の写真を一括で復元したいなら、右上の「選択」をタップした後に右下の「すべて復元」>「○枚の写真を復元」をタップします。

最近削除した項目からiPhone写真を復元

これでiPhoneから一時的に削除された写真・画像を復元できます。とても簡単でしょう。ただし、この方法は、「最近削除した項目」にまだデータが残されている場合のみ対応します。ストレージ容量の整理や30日の期限を超えるなどの原因で、「最近削除した項目」中の写真や画像が完全に削除されてしまったことがあります。そうしたら、この方法は適用できなくなります。そんな時は、他の方法を利用してください。今後は誤削除を回避するために、削除する前にちゃんとデータの内容を確認した方が良いです。

方法2:iTunesバックアップからiPhoneで削除された写真を復元

iTunesでiPhoneデータのバックアップを取ったことがあれば、iPhoneから削除した写真を復元するのはなおさら簡単です。まず、iTunesのバックアップ中身を確認しておきます。

iTunesアプリで写真が含まれるバックアップデータを同時に復元する手順:

ステップ1. iPhoneをパソコンに接続します。iTunesを開きます。上側のiPhoneのアイコンをクリックします。

ステップ2. 「概要」をクリックして、「バックアップを復元」をクリックして、iPhoneから削除された写真を含むバックアップファイルを選択します。

ステップ3. そして、「復元」ボタンをクリックすると、写真を含むバックアップファイルがすべて復元されます。

ステップ4.復元が完了すると、iPhoneが再起動されます。写真アプリを開き、写真が成功に復元されるかどうかチェックしてください。

iTunesバックアップから写真を復元

tips ご注意:
  • iTunesの本体でバックアップの中身を確認することができません。iTunesでバックアップを復元すると、iPhoneの既存データはすべて上書きされますのでご注意ください。まずは上書きされてはいけないiPhoneのデータ(写真、音楽、ファイルなど)をPCにバックアップした方がいいと思います。

iTunesバックアップから削除した写真だけを取り出して復元する手順:

iTunesアプリは便利ですが、回避できない制限があります。その代わりに、「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」という機能を使えば、iTunesバックアップデータ中身をプレビュー確認可能で、バックアップから削除された写真だけを取り出して選択的に復元できます。手順は以下の通りです。

無料お試し 無料お試し

ステップ1. まずは、「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動し、左側の復元モードから「iTunesバックアップファイルから復元」を選択して、目当てのバックアップファイルの時点を選択してください。

iTunesバックアップファイルから復元

ステップ2. 続いては当バックアップのファイルを確認し、復元したい写真を選択し、保存用のパスを指定してから、「復元」ボタンでiPhoneから完全削除された写真の復元を開始します。

iTunesバックアップファイル 復元開始

方法3:iPhoneを初期化してiCloudバックアップから消した写真を復元「パソコンなし」

iCloudバックアップからiPhoneで完全に消した写真・画像を復元するのはもう一つの方法ですが、iTunesと同じような問題があります。iPhoneの初期化が必要なので、iPhoneの現在のデータはすべて上書きされます。もしこの方法を使って削除した写真を復元しようとしたら、前もってiPhoneの既存データをバックアップしておくことを忘れないでください。詳しい手順は下記画像の通りです。

iCloudバックアップから削除された写真を復元する手順:

ステップ1. iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップして、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。パスコードやApple IDの確認が求められる場合は、入力して進みます。「iPhoneを消去」を確認する画面が表示されるので、確認するとiPhoneの初期化が実行します。

すべてのコンテンツと設定を消去

ステップ2. 初期化が完成すると、iPhoneが再起動されます。初期設定画面の案内に従って、「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

iCloudバックアップから写真を復元

ステップ3. そして、利用可能なバックアップ一覧が表示されます。iPhoneの写真を保存するiCloudバックアップファイルを選択してください。そのあと、復元が始まるので終わるまでしばらく待ちましょう。復元プロセスが終了したら、バックアップから写真や他のデータが復元されます。

tips ご注意:
  • この方法を使用するとiPhoneを初期化しなければならないのでデータ紛失のリスクもあります。そして、iCloudバックアップファイルの中身も確認できないため、削除した写真が確実に復元できるかどうか保証しかねません。iCloudを使って写真を復元するには、より詳しい操作手順はiCloudから完全削除した写真を復元する方法4選「初期化なし」を合わせて読んでください。

方法4:iCloud.comを通じてiPhoneで完全削除した写真を復元

iPhoneの写真を削除する前に、iCloud写真をオンにしたことがあれば、消される前に写真がiCloudに同期した可能性があります。まず、iCloudに確認しましょう。

iCloud.comからiPhoneで削除した写真を復元する手順:

ステップ1. パソコンでウェブブラウザを開き、iCloud.comにアクセスして、Apple IDとパスコードを入力してiCloudにサインインします。

ステップ2. メニュー画面から「写真」をクリックします。右側のカラムに「ライブラリ」また「最近削除した項目」をクリックして、表示される一覧から削除した写真を探します。

ステップ3. 復元したい写真を選定して、右上の「復元」をクリックしてください。これで、iPhoneから削除した写真がダウンロードされて復元されます。

iCloud.com経由で写真を復元

tips ご注意:
  • ブラウザ経由なのでiPhoneとパソコンの両方でも開くことができます。つまりこの復元方法はパソコンがない方にも適しています。iPhoneの場合、iCloudからダウンロードした写真はiPhoneの「ファイル」アプリに保存されるので、手動で「写真」アプリに移動することが必要です。パソコンの場合、ローカルディスクに保存されます。

方法5:GoogleドライブからiPhoneで削除した写真を復元

Googleドライブ、Amazonフォトなどのクラウドサービスを利用していれば、「写真」アプリに保存された写真のバックアップがオンラインストレージに保存される可能性があります。クラウドサービスで写真のバックアップを取ってあれば、そこから写真を探して復元するのも一つの選択です。

ここでは、Googleドライブを例にしてiPhoneから消した写真・画像を復元するための操作方法を説明します。

GoogleドライブからiPhoneの写真を復元する手順:

ステップ1. PCでGoogleドライブを開き、サインインします。

ステップ2. バックアップした写真を保存するフォルダーを開きます。

ステップ3. 復元したい写真を選択した後、右クリックで「ダウンロード」をクリックすると、それらの写真がパソコンにダウンロードされます。そして、iPhoneに転送すれば復元完了です。

GoogleドライブからiPhone写真を復元

クラウドサービスの他に、Dropboxなどデータバックアップ用のアプリを使ったことがあれば、写真がバックグラウンド通信で自動的に保存されている可能性もあります。アプリを開いて写真が保存されているかどうか確認してみましょう。アプリにiPhoneの写真が残っていれば、端末に再ダウンロードして、復元することができます。

方法6:SNS、メッセージやメールからiPhoneの写真を復元「パソコンなし」

iPhoneで写真を撮って友人と親戚など身近にいる人にLINE、WeChatなどインスタントメッセンジャーアプリを通じて写真をシェアしたり、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSアプリにアップロードしたり、メッセージやメールで写真を他人に送ったりすることをよくしたら、過去の送信履歴やSNSアプリで写真が残っているかどうかを確認してください。iPhoneから完全に消去した写真を見つけるかもしれません。

方法7:iPhoneデータ復元専門業者に依頼する

iPhoneの物理的な損傷や水没によって写真が消失してしまった場合、以上の方法では復元できません。iPhoneデータ復元専門業者に依頼する必要があります。普通は、データ量によって費用が異なっています。完全に削除した写真の復元はデータ復旧業者に任せたら、iPhoneを相手に渡してしばらく預ける必要がありますので、プライバシー侵害が要注意です。できるだけ信頼できる業者や専門店にiPhoneの写真復元についてお問い合わせください。

iPhone写真の復元方法の一覧表!比較して適切な方法を選ぶ

以上は、iPhoneから消した写真の復元方法をいくつか紹介しました。これまで読んでもどんな方法を採用するかはっきりわからない方は、下記の一覧表で各種方法の特徴を確認してください。

iPhoneの写真を誤って削除することにすぐ気づいた場合、30日以上経過した場合、パスコンのある/なし、バックアップのある/なしなど場合に適用する方法が並べます。ニーズに合わせて、自分に合わせた復元方法をお選びください。

復元アプリ 最近削除した項目 iTunesバックアップ iCloudバックアップ iCloud.com Googleドライブ SNSやメールアプリなど
必要な条件 なし 削除後の30日内 iTunesバックアップ iCloudバックアップ iCloud写真をオンにした バックアップあり バックアップあり
動作環境 iPhone&PC iPhone iPhone&PC iPhone ブラウザ iPhone iPhone
データ紛失の可能 × × × ×
データが上書きされる恐れ × × × ×
復元したい写真のプレビュー × ×
写真だけを復元 × ×
復元成功率 97% 90% 75% 80% 75% 70% 70%
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★ ★★ ★★

iPhoneから削除した写真を復元する方法の選択基準

場合によって、iPhoneの写真復元に対応する方法も異なっています。迅速に適切な復元方法を選択するために、よくある状態に応じえる最適な復元をお勧めします。

  • 削除した後の30日内に写真を復元したい場合:「最近削除した項目」から写真を復元する方法をお勧め
  • iCloud写真がオンになっている場合:iCloud.com経由でiPhoneで削除した写真を復元する方法をお勧め
  • パソコンなしでiPhoneの削除した写真を復元したい場合:パソコン不要でiPhone本体で操作するだけの「最近削除した項目」からの復元、iCloudバックアップからの復元またSNS、メッセージやメールからの復元が使える
  • 削除前にバックアップを取ったことがある場合:iTunesバックアップから写真を復元したり、iCloudバックアップから写真を復元したり、Googleドライブから写真をダウンロードして復元したりできる
  • バックアップなしでiPhoneから削除した写真を復元する場合:専用のiPhoneデータ復元ソフトウェアである「FonePaw iPhoneデータ復元」を使うのがお勧めです。回復成功率も最も高い!

iPhoneの削除した写真の復元についてよくあるご質問

iPhoneで最近削除した写真はどこにありますか?

iPhoneで削除した写真は最初に「最近削除した項目」フォルダに移行されます。「写真」アプリを開き、「アルバム」をタップしてから、下にスクロールすれば「最近削除した項目」が現れます。つまり、iPhoneで写真を削除した後、それらが完全にデバイスから消失するわけではありません。30日の期限を超えない限り、削除した写真は「最近削除した項目」フォルダに保存されています。30日後に自動的に完全削除されます。

バックアップなしでiPhoneから完全削除した写真を復元できますか?

バックアップのないiPhoneの写真を復元することが可能です。「FonePaw iPhoneデータ復元」などの写真復元アプリを使って、「最近削除した項目」にもない削除された写真を復元することもできます。バックアップの有無に関わらず、すべてのパターンに対応します。iTunes/iCloud バックアップから写真の復元のもサポートします。

完全に削除されたiPhone写真をいつまで復元可能ですか?

「最近削除した項目」に写真がまだ残っている場合、削除した写真を復元するのは、30日以内であれば可能です。30日を経過すると完全に削除されますので、他の復元方法を試すことが必要となります。

iPhone写真を復元できない原因とは何ですか?

iPhoneで削除された写真や画像を復元できない原因としては、iPhoneの空き容量不足、システムが古すぎる、機種変更で写真が共有していない、iPhoneの写真をバックアップしていないなどがあります。また、写真アプリの「最近削除した項目」から復元する場合、30日が経つと目当ての写真がゴミ箱で見つかなくなり、復元できないこともあります。その時、原因を判断して適切な対処法を取りながら、他の復元方法、例えば完全削除した写真の復元に対応するアプリを使用したり、復元業者に依頼したりしてみましょう。

まとめ

以上はiPhoneから削除した写真・画像の復元についていくつかの方法を紹介しました。いずれの方法でもiPhoneから消した写真を復元できますが、必要な条件や動作環境が異なっています。その中、特に制限がなく、幅広く場面に対応する「FonePaw iPhoneデータ復元」のような専門的なiPhone写真復元ソフトを利用することがおすすめです。バックアップなくても完全に削除してしまった写真を復元できますし、iPhoneの既存データの紛失と上書きの恐れも一切ありません。復元前の無料プレビューが提供されるため、まずソフトをダウンロードして、スキャンして復元可能な写真を確認してから、復元しましょう。

無料お試し 無料お試し