復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

USBメモリから削除したデータを復元する4つの方法

by 鈴木 加奈, 2021.12.31
関連おすすめソフト

USBメモリのデータを誤って削除してしまった時、「 FonePaw データ復元」という専門的な復元ソフトをおすすめします。自力でUSBから削除した大事なファイルを復元できます。無料利用で今すぐお試しを!

無料お試し 無料お試し

USBメモリはデータ保存に用いられる記憶媒体という多く使われていますが、内のデータの管理中に、重要なファイルをうっかり削除してしまったり、必要なデータを間違えて削除してしまったりしたら、どうしますか?またデータ転送中にUSBを抜いたことでデータを紛失したことや、ミスでUSBをフォーマットしてデータを無くすこともあります。削除したことがないのに、USBメモリからデータが消えてしまった時、どうすれば失われたデータを復元できますか?

こういう場合、早速USBデータ復元フリーソフトを使って、USBのファイル復元を実施します。本記事では、有効なUSBメモリから消えてしまったデータを復元する方法をおすすめします。

無料お試し 無料お試し

一、USBメモリから削除したデータを復元できるか

USBメモリのファイルを削除しても、そのデータがUSBから完全に消失したという意味ではありません。実際は人の目が見えない状態でUSBメモリにまだ存在しています。削除されたデータは新しいデータに上書きされるまでUSBメモリの領域に一時的に隠されています。適切な復元作業を行えば、削除したUSBメモリのデータを完全に復元することが可能です。しかし、USBメモリに新しいデータを保存すると、元のデータが上書きされることになり、復元できなくなる可能性があります。

そのため、間違えて削除したUSBメモリのデータを復元する時、上書きを防ぐために、まずUSBメモリを操作しなくて、一刻も早く有効な復元方法を実行するのが正解です。

二、USBメモリのデータを復元するおすすめの方法

USBメモリから削除したデータやファイルを復元するにおすすめの方法を紹介します。

# 方法1、USBデータ復元ソフトを利用する

データ復旧ソフトを利用すれば自力でUSBのデータ復元を行うことができます。復元率が99%に至る最先端技術を採用している FonePaw データ復元 (opens new window) が間違いなく最優選択です。このデータ復元ソフトは、パソコン (opens new window)ゴミ箱 (opens new window)、USBメモリ、ハードディスク (opens new window)SDカード (opens new window)など記憶媒体のデータ復元に対応できます。USBメモリから消えてしまった写真 (opens new window)、音楽、メール、ドキュメント (opens new window)など多種類のデータを復元できる強力なソフトです。二つのスキャンモードが提供されており、復元成功率をより高めます。簡単な操作でパソコンの初心者でも削除したUSBのデータを素早く元に復元することができます。

「FonePaw データ復元」 でUSBメモリのデータを復元する手順は以下の通りです。

ステップ1、「FonePaw データ復元」 をパソコンにダンロードして、インストールします。

無料お試し 無料お試し

ステップ2、USBメモリをパソコンに接続します。 「FonePaw データ復元」 の画面に入って、復元したいデータのタイプとスキャンしたいUSBメモリを選んでください。そして、 「スキャン」 をクリックします。

データ 復元 開始

ステップ3、USBメモリのスキャンプロセスが自動的に実行されます。しばらくお待ちください。スキャンが完成すると、削除したUSBのデータはすべて検出されます。

データ 復元 画面

ステップ4、復元したいファイルを選択して、 「リカバリー」 をクリックして、保存場所を指定してから、削除された、或いはフォーマットで紛失したデータがパソコンに復元されます。

削除 データ 復旧

これで、削除されたUSBのデータやファイルの復元が完成します。操作がとても簡単で、このデータ復元ソフトによって検出されたファイルに日付、ファイル名も表されるので、確認しやすいです。また、外付け・内蔵HDDの復元、SDカードの復元、パーティションの復元などにも対応しています。今すぐ FonePaw データ復元 (opens new window) を活用してUSBメモリから削除したデータを迅速に復元しましょう。

無料お試し 無料お試し

# 方法2、コマンドでUSBフラッシュドライブからデータを復元

コマンドプロンプトはWindows内蔵のユーティリティとして、データの復旧に使うこともできます。USBからファイルを削除したことがないのに、データが消失してしまった場合、コマンドプロンプトを利用すればUSBフラッシュドライブにある隠しファイルを表示して復元しましょう。この復元方法はUSBの隠しファイルにしか対応できません。自分で削除したUSBのデータを復元するには 「FonePaw データ復元」 をご利用ください。

ステップ1、USBドライブをパソコンに接続します。パソコンの検索ボックスで 「CMD」 を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

ステップ2、次は、コマンドラインの「chkdsk 〇: /f 」と「attrib -h -r -s 〇:*.* /s /d」を順次に入力する度に、 「Enter」 をクリックします。(コマンドラインの〇をUSBドライブのドライブ文字に置き換えて入力してください。)

これで、隠されているUSBのファイルを見つけることができます。削除したことがないのに、大事なデータがUSBメモリから消えてしまった時にまずこの方法を試してみましょう。

# 方法3、「以前のバージョン」機能でUSBのデータを復旧

お使いのパソコンはWindows 11/10/8/7であれば、標準搭載している 「以前のバージョン」 という機能を活用するのもUSBで消失したデータを復元する一つの方法です。しかし、このUSBデータ復元方法はファイル履歴という機能を有効にしているのでなければ使えません。この機能がオフになっている場合、データ復元ソフトを使ってください。

ステップ1、パソコンにUSBメモリを接続して、復元したいファイルを保存しているフォルダーを右クリックして、 「プロパティ」 を選択します。

以前のバージョン 復元

ステップ2、 「以前のバージョン」 タブをクリックして、ファイルのバージョンで利用可能なバージョンがあれば、復元したいバージョンを選択し、 「復元」 をクリックすると、USBで消したファイルがすぐ復元できます。

# 方法4、データ復元業者に依頼する

以上の復元方法を試しても、USBのデータを復元することができない場合、データ復元業者に依頼した方がおすすめです。水没や破損などの物理的や論理的な障害に対応できます。データ復元ソフトより、データ復元業者に任せるのは時間や費用がずっと掛かります。復元の難易度やデータ量によって、料金が異なっています。お金を掛けっても復元が失敗するケースもあります。

そのため、無駄なお金使いを避けるには、まずデータ復元ソフトを利用して、自力でUSBのデータを復元してみるのが経済的です。専門業者に復元を依頼する場合は、費用について詳しく確認してから依頼するかどうかを決めた方がいいと思います。

三、USBメモリを復元する時の注意事項

USBメモリの復元を順調に完遂するために、いくつかの事項を注意しなければなりません。

1、新たなデータをUSBメモリに保存すると、前削除したデータは上書きされる可能性もありますので、データを復旧する前にはできるだけUSBメモリを使わないで、早くデータを復元してください。

2、一度消されたデータはまだ見えない形でUSBメモリに存在しているので、フォーマットすると削除したファイルが復元できなくなることになります。USBメモリからデータを削除した場合は、USBメモリの2次フォーマットを必ず行わないでご注意ください。

3、USBメモリからデータが消えてしまった場合、USB自体にも不具合や障害が発生していることがあるかもしれないため、データを復元するとき、取り戻したデータをそのUSBに保存するではなく、ほかの場所に保存するのはより安全です。

4、USBメモリをパソコンに接続したら、エラーメッセージが出て、エラーを解消するため、USBメモリ「今すぐフォーマットしますか。」という論理的な障害が発生するときに、フォーマットを実行しないでください。

# まとめ

USBデータの復元は、専門業者に頼めば時間もお金も掛かりすぎますので、他人に任せるより、自分で FonePaw データ復元 (opens new window) を使って復元を済ませば便利です。USBのデータ復元がもちろん、PC、外付けハードディスク、SDカードなどからデータの救出も対応しています。このソフトがあれば、データの紛失を恐れません。

無料お試し 無料お試し