復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

「7選」Windows 10で削除したファイルを簡単に復元する方法

by 橋本 学, 2022.1.17
関連おすすめのソフト

Windowsパソコンに保存していた重要なファイルやデータをうっかり削除してしまった時、心配しないで「FonePaw データ復元」を利用したら、完全に削除したファイルでも簡単に復元できます。無料利用で今すぐ試してみませんか。

無料お試し 無料お試し

「Windows10のファイルを誤って完全に削除してしまった場合に復元する方法はありますか??助けてくださいお願いします」 というような、Windows 10 / 8 / 7で大切なファイルをうっかり削除してしまったら困ります。

実は、適切な方法を使えば、Windowsパソコンから一度また完全に削除されてしまったファイルでも復元できる可能性があります。本記事では、Windows 10 / 8 / 7のパソコンにおいて、削除したファイルを復元するために、効果的な7つの方法を紹介します。

Windows パソコンで誤って削除したファイルを復元できるか

普通、Windows パソコンでファイルを完全に削除しても、そのファイルがパソコンから完全に消えているわけではありません。簡単に言うと、削除されたファイルやデータはアクセスできないデータになり、まだWindowsのディスクストレージに存在しています。この場合、正しい対処法を取れば、削除したファイルを元に復元する見込みが高いです。

しかし、Windowsパソコンを使用しているうちに、ディスクでの操作をやり続けると、ファイルが新しいデータに上書きされる可能性があります。こうなると、削除されたファイルの復元ができなくなります。そのため、ファイルを削除した後に復元したい場合、パソコンの取り扱いを中止し、早速ファイルの復元作業を行いましょう。

方法1、Windowsファイル復元ソフトで削除したファイルを復元

Windowsパソコンや外付けハードディスク(USBフラッシュメモリ、SDカードなど)にある大切なファイルやフォルダーをバックアップしていないまま完全に削除してしまった場合、普通の方法では効果的に復元できないことがあります。できるだけ早くデータ復元ソフトを使いましょう。早くすればするほど、復元成功率が高くなります。

FonePaw データ復元 (opens new window) はデータ復元専門家として、Windowsパソコンで完全に削除してしまったファイルを簡単な手順で復元できます。パソコンの初心者に特におすすめします。

無料お試し 無料お試し

# FonePaw データ復元の主な機能

今すぐ 「FonePaw データ復元」 をダウンロードして、Windowsパソコンで完全に削除してしまったファイルを復元しましょう。Macのユーザーは、誤って削除されたファイルの復元方法「Mac編」 (opens new window)をご参考ください。

# 3クリックだけで削除したファイルを簡単に復元する

ステップ1、ソフトを起動し、ソフトの画面で削除してしまったファイルが保存するドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。特定のファイルタイプを復元したい時、種類を選択すればいいです。

例えば、Word、Excel、PPTなどを復元したいなら、 「ドキュメント」 にチェックを入れます。Photoshopのファイル復元に使うなら、 「その他」 にチェックを入れます。

データ復元 メイン画面

ステップ2、選択したドライブのスキャンが開始されます。スキャンが終わると、復元可能なファイルがすべて検出されて、リストで表示されます。

ファイル スキャン

ヒント: 「クイックスキャン」によって、復元したいファイルを見つけ出していない場合、「ディープスキャン」を活用してください。

ステップ3、ソフトで削除されたファイルをプレビューできます。復元したいファイルを選択して、「リカバリー」をクリックして、元のドライブと異なる保存場所を指定して、Windowsパソコンに保存します。

復元したいファイル 選択

無料お試し 無料お試し

方法2、ゴミ箱から削除したファイルを復元

パソコン上で削除されたファイルは一時的にゴミ箱に移動されます。間違えて大事なファイルを削除してしまった場合、まずごみ箱の中に削除したファイルがあるかどうかを確認してください。ごみ箱の中からデータを復元する手順はとても簡単です。

ステップ1、パソコンのデスクトップで「ゴミ箱」を開きます。
ステップ2、検索バーでファイル名を入れて検索するか、ファイルの種類や削除時間によってファイルを検出します。
ステップ3、復元したいファイルを右クリックして、「元に戻す」を選択して、削除済みファイルを元の場所に復元します。

ゴミ箱からファイルを復元

ヒント: ゴミ箱内に削除されたファイルやデータがいっぱいになっている場合、復元したいファイルを見つけるのが難しくなります。「ゴミ箱」で余白のところを右クリックして、「表示」>「詳細」を選択すれば、ファイルが「元の場所」や「削除した日」などによって並べ替えられます。これで、復元したいファイルを探しやすくなります。

しかし、ファイルを完全に削除してしまったり、ゴミ箱を空にしたりする場合、ファイルがゴミ箱から復元することができなくなります。この場合、完全に削除されたファイルを回復するには、空にしたゴミ箱を復元するか、データ復元ソフト FonePaw データ復元 (opens new window) を利用してみてください。

無料お試し 無料お試し

方法3、「元に戻す」で削除したファイルを復元

Windows 10でファイルを削除しても、「元に戻す」で削除を取り消すことができます。しかし、パソコンをログアウトしたり、再起動したりすると、この方法は適用されません。

ステップ1、「Windows ファイルエクスプローラー」を開き、削除したファイルが保存されているフォルダーにアクセスします。

ステップ2、フォルダー内の任意のところを右クリックして、リストから「元に戻す - 削除」を選択します。

元に戻すでファイルを復元

或いは、ファイルを削除した直後に「Ctrl + Z」を押すことで、ファイルを復元することもできます。

方法5、ファイル履歴から削除したファイルを復元

Windows 10/8で「ファイルのバックアップを自動的に実行」が有効になっている場合、ファイルの履歴から削除したファイルを復元できます。この方法を使うには、ファイル履歴機能がオンになっているかどうかを確認してください。

バックアップを自動的に実行

ステップ1、パソコンで「スタート」クリックして、「Windowsシステムツール」>「コントロールパネル」を開きます。そして、「ファイル履歴」をクリックします。

ステップ2、「個人用ファイルの復元」を選択して、削除したファイルが保存されているフィルダーを選択します。

個人用ファイルの復元

ステップ3、画面下部の真ん中の緑色の「復元ボタン」をクリックして、削除されたファイルを復元します。

方法5、「以前のバージョン」機能を使用して削除したファイルを復元

Windowsパソコンでファイルの自動バックアップを設定したことがあれば、「以前のバージョン」機能を利用して、削除時間やファイル名を覚えていなくても、ファイルを復元することができます。しかし、この方法ではファイルの復元に必ず成功するとは限りません。

ステップ1、削除したファイルが保存されているファルダーを右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択します。
注意: ファイルの保存場所まで忘れている場合、ファイルが保存されているドライブを選択してもいいです。

以前のバージョンの復元

ステップ2、復元したいファイルのバージョンを選択して、「復元」をクリックします。

削除ファイル 復元

方法6、「バックアップと復元」を使用して削除したファイルを復元

Windows 7の「バックアップと復元」を利用して、ファイルのバックアップを取っている場合、この機能を使用すれば、Windows 10パソコンで削除したファイルを復元することができます。

ステップ1、パソコンで「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows 7)」の順にクリックします。

バックアップと復元(Windows 7)

ステップ2、「ファイルの復元」をクリックします。

ファイルの復元

ステップ3、次の画面で「検索」ボタン、或いは「ファイル/フォルダーの参照」で保存場所からファイルを検索して、該当ファイルの以前のバックアップを選択します。そして「次へ」をクリックします。

注意: パソコン上の全てのファイルを復元する場合、「このバックアップからすべてのファイルを選択する」にチェックを入れます。

ファイル 検索

ステップ4、新しい保存場所を指定して、「復元」ボタンをクリックします。復元プロセスが完了したら、ファイルが復元されます。

方法7、コマンドを使用して削除したファイルを復元

Windowsパソコンで完全に削除したファイルを復元するには、コマンドプロンプトを利用することができます。以上の方法でもファイルを復元できない場合、この方法は意外にお役に立てるかもしれません。

ステップ1、「Windows」+「R」キーを同時押して、「CMD」と入力します。

ステップ2、「Ctrl + Shift + Enter」を押して、コマンドプロンプトで「chkdsk [ドラxイブ名]: /f」と入力します。そして、「Enter」キーを押します。([ドライブ名]を、ファイルを復元するドライブの名前に置き換えます。)

ステップ3、[ドライブ名] : \ >attrib –h –r –s /s /dと入力して、プロセスが完了するまでしばらくお待ちます。

CMDでファイルを復元

プロセスが完了すると、Windowsパソコンで削除されたファイルが元の保存場所に復元されるはずです。もし予想通りに戻っていない場合、最も頼もしい方法1のデータ復元ソフトを使用することがベストの選択です。

# まとめ

以上はWindows 10 / 8 / 7のパソコンで削除してしまったファイルの復元方法7選を紹介しました。うっかり大事なデータやファイルを削除してしまっても、心配なく本文で紹介された方法を試してみれば復元可能です。削除したファイルの復元方法が沢山ありますが、データ紛失に早急に対応するために、復元成功率が一番高い方法1を使うのがおすすめです。

無料お試し 無料お試し