破損したJPGファイルを修復する方法

小鳥遊 千夏, 2021.8.12
サマリー

大切なJPGファイルを間違って削除してしまい、或いはJPGファイルが破損してしまうと、あせらずに「FonePaw データ復元 」を使ってJPGファイルを修復してみてください。フリー体験版もあります!

ほとんどの画像ファイルは拡張子が「.jpg」のJPEG形式でパソコンに保存されています。画像ファイルの管理・利用・編集は簡単にできるが、一方、大切なJPEGファイルを誤って削除したり、紛失したりするリスクもあります。撮影に関する仕事をしている方や、パソコンで絵を描く方にとって、仕事に関するJPGが破損したり、失ったりすると、深刻な事態になってしまいますね。

もしちがう使い方でJPGファイルを壊した、または間違えて消した場合、一刻も速く破損したJPGを修復することがすすめです。この記事は、破損したJPEGファイルを修復したいユーザーにフリーな方法を紹介したいと思います。

一、破損したJPGファイルを復元する方法

では、ここから三つの破損したJPGファイルを復元する方法を紹介します。

# 1、データ復元ソフト「FonePaw データ復元 」を利用

FonePaw データ復元 (opens new window)」はパソコンのハードディスクから削除したJPEGを復元できるだけでなく、ちがう使い方で破損したJPGをSDカード、USBメモリからを修復することもできます。ですから、これらの原因でJPGを破損・削除したら、下記の手順に従い、大切なJPGを復元して試しましょう。

ステップ1、「FonePaw データ復元」 を起動して、ホーム画面のリカバリーしたいデータのカテゴリで 「画像」 にチェックを入れます。該当JPGファイルの保存場所を選定します。そして、 「スキャン」 をクリックします。

保存場所 スキャン

ステップ2、 選択した場所はスキャンされています。その過程で、パソコンの動作や読み込みスピードが遅くなる可能性もありますので、この時はパソコンは使わない方がいいと思います。

スキャン中

ステップ3、 復元するのは削除・壊れたJPEGファイルですから、簡単にプレービューできます。復元したいJPGファイルにチェックを入れます。または左側の 「画像」>「JPG」 を選定して、全部の破損したJPEGを復元しましょう。

画像 選定

ステップ4、「リカバリー」 を押して、保存先を選定した後、 「確認」 で壊れたJPGファイルを復元しましょう。

保存先 選定

ステップ5、 削除したJPEG、または壊れたしたJPGファイルは復元されました。

削除 JPEG 復元

以上が 「FonePaw データ復元」 を利用することで、破損・削除したJPGファイルを手軽く復元する方法です。皆さんも一度使って見れば、きっとこのソフトの強力に驚きます。

# 2、CHKDSKで破損したJPEG/JPGが保存されるハードディスクドライブを修復

JPEG/JPG画像ファイルが保存されるハードディスクドライブの不良セクターなどが原因で、ファイルシステムが破損してしまい、JPEG/JPGも破損され、開けないと、コンピューターに搭載されるツール CHKDSK (opens new window) でハードディスクドライブを修復することで治せるかをお試しください。

コマンドプロンプトを実行して、「ドライブ名: /f /r /x」と入力して、Enterキーを押すと、ハードディスクドライブの修復が始まります。修復後、JPEG/JPG画像ファイルを開けるかをご確認ください。

ドライブ CMD エラー 修正

# 3、オンライン修復サービスPixRecoveryで破損したJPEG/JPGファイルを修復

PixRecoveryは破損したJPEG/JPGやGIF、TIFF、BMP、PNG、RAWなどの画像ファイルを修復できるオンライン修復サービスで、破損したJPEG画像ファイルをアップロードするだけで簡単に修復してくれますが、フリー版を利用する場合は、修復されたJPEG画像ファイルには大きなロゴが付くので、見にくいです。完全な修復結果をダウンロードするには、有料サービスを購入する必要があります。

ステップ1: PixRecoveryにアクセスして、 「参照...」 をクリックして、破損したJPEG/JPG画像ファイルを選択して、 「アップロードの確保と修復」 ボタンをクリックすることでJPEG/JPG画像ファイルを修復し始めます。

アップロードの確保と修復

ステップ2、 修復後、 「修復されたファイルを取得する」 を押すことで、修復したJPEG/JPG画像をダウンロードできます。フリー版の場合、大きなロゴが付くのでご注意ください。

修復されたファイルを取得する

二、JPG画像が破損してしまう原因

続いては、いくつかのJPEG/JPG画像ファイルが破損してしまい、開けない原因を挙げられます。

パソコンシステムのクラッシュ

ソフトウェアの不具合

ウイルス感染

記憶媒体の不具合

人為的なミス

メディア・デバイスの不具合

三、JPG画像の破損を防ぐには

JPEG画像が破損するには、いくつかの原因があります。一度破損してしまったら、かならず復元できる保証はどこにもありませんので、日常からやれることをやって、大切なJPEGファイルはできるだけ注意して扱いましょう。

1.USBの接続を丁寧に
使用中のUSBや、カメラを繋がっているパソコンから直接に抜き出すことで、USBに保存したJPEGを破損する恐れもあります。もし「このファイルを開けません」が表示されたりなどの情况ができたら、そのJPGファイルは破損した可能性があります。

このような状況にならないように、普段USB、フラッシュメモリ、SDカードなどをPCやスマホに接続する時、急に接続を切ったりしないでください。USBをPCから取り外す時、かならず操作が全て終えた後で、タスクトレイの「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」 ボタンをクリックしてから、USBを取り外してください。

2.大切なJPEG画像をUSBから切り取りで移動しない
ファイルを移動する時、よく「切り取り」→「ペースト」の操作をしますが、もしJPEGがUSBに保存されているなら、できるだけその方法でPCに移動しないでください。もしペーストの最中に接続が切れたら、ファイルがそのまま破損か紛失になってしまいますので、かならずコピーアンドペーストの操作で移動しましょう。

3.大切なJPEG画像はバックアップ
どんなに丁寧に扱っても、HDDやメモリデバイスの損傷は突然起きるものなので、スマホのSDカードやPCのHDDのJPEG画像は、タイミングを見てバックアップしましょう。特にクラウドサービスにアップできれば、なお安心できます。

# 終わりに

まずは大切なJPGファイルはできるだけ注意して扱う方がいいです。いざJPG画像が破損するとなると、なるべく早くJPGファイルを修復してください。

文章でフリーな破損したJPGファイルを修復する方法を三つ紹介しましたが、CHKDSKはハードディスクドライブの不具合という状況にしか対応できません。オンライン修復サービスPixRecoveryのフリー体験バージョンは見にくいロゴが付きます。この二つの方法より、フリー体験版が提供されている 「FonePaw データ復元」 をお勧めします。安定性が高いし、いろんな状況に対応できます。 「成功率90%のデータ復元専門家」 とも呼ばれています。また、他のJPGファイルを修復するフリーソフトもあるけど、安定性と安全性が確保できませんのでお勧めできません。

ご興味があれば、ぜひ 「FonePaw データ復元」 を試してみてください。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. All Rights Reserved.