復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

「2022年最新」Windows10で画面録画をする方法

by 小鳥遊 千夏, 2022-10-11

Windows 10画面を録画したい時には多種多様の録画ソフトを利用することができます。この記事ではWindows 10の内蔵録画機能「ゲームバー」で画面を録画するやり方と專門的なPC画面録画ソフトで録画する方法を説明します。Windows 10の画面の録画範囲を指定し、自由にデスクトップを録画したい方はぜひ見逃さないでください。録画時によくある質問のQ&Aも付いていますので、ユーザの参考になれます。

Windows 10の標準機能でパソコンの画面録画をする

そのため、XBOXのゲームプレイを録画するために「ゲームバー」(Xbox Game DVR)という標準機能はWindowsに搭載されています。この「ゲームバー」はXBOXのゲームプレイをキャプチャーするためのものですが、ゲーム以外のソフトやサイトなどの録画にも対応しますので、Windows 10画面を録画したい時にはぜひその使い方を身に付けてください。

Windows 10パソコンでゲームバーを使って画面録画する手順

ステップ1、 ゲームバーのショットキー「WINDOWS +G」を押せば、Windows 10でゲームバーを呼び出すことができます。もちろん、録画したいソフトやウェブサイトも事前に開いてください。

ステップ2、 始めて利用する場合には「ゲームバーを開きますか?」が表示されます。その時には「はい、これをゲームとして記憶します。」にチェックを入れてください。

ゲームバー 起動

ステップ3、 ゲームバーが表示されたら、録画したいソフトやサイトを押してから、ゲームバーの録画ボタンを押してください。これでWindows 10の画面録画が始まります。

ゲームバー 録画

ステップ4、 録画中にゲームバーがミニモードになり、録画時間が表示されます。

ゲームバー 録画中

もし録画を終わらせたいなら、ゲームバーの「停止」ボタンを押してWindows 10の画面録画が終了します。録画された動画ファイルはMP4形式で出力されます。

ゲームバー 録画終了

録画したデータはデフォルトでPCの「ビデオ」>「キャプチャ」という場所に保存されます。

ゲームバー 保存先

Windows10の「設定」>「ゲーム」>「キャプチャ」で「ゲームバー」の詳細オプションを調整できます。

Windows10 ゲーム DVR 設定

ゲームバーの画面録画機能のショートカットについて

「WINDOWS」+「G」は言うまでもなく「ゲーム」の起動

「Windows」+「Alt+「R」はゲームバーの録画機能のオン・オフ

「Windows」+「Alt」+「G」は最後の30秒録画する

(Windowsの「設定」で時間を調整できる)

「Windows」+「Alt」+「PrintScreen」はスクリーンショット

「Windows」+「Alt」+「M」はマイクのオン・オフ

「Windows」+「Alt」+「T」は記録タイマーを表示

「Windows」+「Alt」+「B」はブロードキャストの開始/一時停止

「Windows」+「Alt」+「W」はブロードキャストでカメラを表示

インストール不要の「ゲームバー」のショートカットを活用すれば、便利な「ゲームバー」でパソコン画面を録画できます。しかし「ゲームバー」は録画範囲を調整できなくて、単一のソフト画面やウェブサイト画面など特定なウィンドウだけ録画することができます。録画中にソフト画面を切り替えると録画が自動的に終了する上で、パソコンの全画面録画やデスクトップやエクスプローラーの録画には対応していません。

tips ご注意:
  • 「ゲームバー」でPC画面を録画するためにはWindows10及びハードウェア要件を満たす必要があります。Windows 10側はできるだけ最新バージョンまでアップデートする上で、パソコンのエンコーダーは「Intel Quick Sync H.264」、「NVidia NVENC」、「AMD VCE」という三種類のエンコーダーの中の一つではないとWindows 10のゲームバー機能を利用できません。

録画ソフトを使ってWindows 10で画面録画をする

Windows 10の標準機能は基本的な録画ツールとして利用できますが、便利かつ強力な動画レコーダー機能を使いたい時にはやはり専門的なPC画面録画ソフトを使用する方が良いでしょう。ここでは多機能のパソコンスクリーン録画ソフト「FonePaw PC画面録画」を始めとしてWindows 10の画面を録画するやり方を説明します。

FonePaw PC画面録画」を使ってWindows10で画面録画するメリット

  • 多機能レコーダーとして録画・録音・スクリーンショット機能を持つ
  • マイク音声・システム音声の録音に対応
  • Windows 10画面を録画する時に内部音声のみ録音可能
  • 長時間の録画・録音にも対応
  • 録画範囲を自由に指定可能
  • 詳細な録画オプションを調整可能
  • 予約録画・スケジュール録画に対応
  • 更新頻度が高い同時に安全性・安定性も高い
  • 丁寧かつ親切な安心サポート
  • 無料体験版あり

無料お試し 無料お試し

「FonePaw PC画面録画」でWindows 10 画面を録画する手順

ステップ1、 ソフトを起動

「FonePaw PC画面録画」はWindows 10向けのパソコン画面録画ソフトとして、その画面録画機能を利用するためには、ソフトをパソコンにインストールしておく必要があります。

インストール済みの録画ソフトを起動すれば下記のツールパネルが表示されます。

Windows 10の画面を録画する場合には「動画レコーダー」を選び、Windows 10の画面をキャプチャーしなくて内部音声のみ録音する場合には「音声レコーダー」を選択しましょう。

Windows 10 画面 録画

ステップ2 Windows 10画面録画設定

機能が豊富な「FonePaw PC画面録画」はゲームバーと違い、自由に録画範囲を調整してWindows 10のデスクトップ画面をキャプチャーできます。Windows 10の内部音声だけではなくマイク音の録音にも対応し、ウェブカメラの録画にもサポートします。

Windows 10 録画 設定

ソフトの右上の歯車ボタンを押せば「環境設定」画面に入り、録画の出力形式(ビデオフォーマット)・保存先・品質など詳細なオプションを変更できます。快適に高品質のWindows 10画面動画を作成するためにぜひ活用してください。

「FonePaw PC画面録画」出力設定

ステップ3 Windows 10画面録画

録画設定も完了したら、ソフトの「REC」ボタンをクリックして、録画中のホットキーを確認してください。3秒のカウントダウンの後、録画が開始されます。

録画中の「FonePaw PC画面録画」がミニモードに切り替え、録画時間と予想ファイルサイズを確認できます。「カメラ」を押せばスクリーンショットを撮ることができて、「注釈」を押せば録画画面に落書きをすることができます。

Windows 10 画面 録画中

ステップ4 Windows 10画面動画プレビュー

録画した動画をプレビューしてビデオの品質を確認しましょう。この録画データを出力しようと決める場合には「ビデオを保存」を押して出力動画の保存先を設定しましょう。再生バーのクリップを移動して、動画をトリミングしてから出力することもできるし、「再度レコーダー」を押して今の録画データを捨ててもう一度録画してみることも可能です。

Windows 10 録画 プレビュー


ゲームバーとFonePaw PC画面録画の比較表

シンプルな「ゲームバー」と多彩な「FonePaw PC画面録画」の相違点にあまり分からない時、下記の項目を参考にして両方の違いを把握してください。動画レコーダーといえば多ければ多いほどWindows画面の録画に役に立ちますので、できればどちらでも使ってみることをおすすめします

製品名 FonePaw ゲームバー
使いやすさ ★★★★★ ★★★★★
長時間録画 制限なし 最大4時間
デスクトップ 録画 対応 未対応
録画範囲指定 対応 未対応
オフライン使用 対応 対応
録画動画編集機能 対応 未対応
録画オプション設定 豊富 シンプル
録画動画品質
インストール 必要 不要(呼び出し必要)

OBS Studioを使ってWindows 10で画面録画する

OBS Studioは動画の録画・生放送配信・共有のために開発された無料オープンソースソフトウェアです。PC画面の録画にも便利な動画レコーダーですので、ここではその使用方法についても解説します。

ステップ1、 PCにインストールした「OBS Studio」を実行して録画画面を調整します。

ステップ2、 OBSのメイン画面の「ソース」の左下の「+」を選び、表示されたソース一覧から録画モードを選択します。

ステップ3、 「ソース」で追加された録画モードを選び、録画モードのプロパティー画面が表示されますので、ここでは録画範囲を指定できます。

ステップ4、 録画したい画面を選んでOBS Studioに映し、下部のミキサーで内部音量とマイクの録音音量を調整し、そして右下の「録画開始」を押して録画を始めます。

ステップ5、録画を終わらせたい時、「録画終了」を押します。録画したビデオファイルのデフォルトの保存先はWindows 10の「ビデオ」フォルダです。もし保存先を変更したいなら、OBSのメイン画面の右下の「設定」>「録画ファイルのパス」で変更してください。

Windows 10 OBS

もちろん、OBSは単純な録画ソフトというより、録画機能付きの配信ソフトですので、録画機能の設定は複雑だし、録画に関わるオプションの設定も強力な録画ソフトと比べるものではありません。専門的な録画機能を体験してみたい場合、やはり上記の「FonePaw PC画面録画」を選択してください。

AG-デスクトップレコーダーを使ってWindows 10で画面録画する

完全無料のデスクトップ録画ソフト「AG-デスクトップレコーダー」は有名な動画レコーダーとしてWindows 10のデスクトップの全画面や範囲指定の録画に対応しますので、ここではその録画方法も解説します。

ステップ1、 始めてAG-デスクトップレコーダーを利用する場合、初期設定も行う必要があります。コーデックとエンコードモードを選択する場合、汎用性が高い拡張子「MP4」形式と負荷を軽減できるバッファリングエンコードを選択することをお勧めします。

AG-デスクトップレコーダー 初期設定

ステップ2、 次にはタスクバーに表示される実行中のAG-デスクトップレコーダーのアイコンを右クリックして「設定」を押して、録画範囲と録画した動画の画質から出力動画の保存先まで、録画に関連する設定を変更できます。

AG-デスクトップレコーダー 設定

ステップ3、 AG-デスクトップレコーダーのアイコンを右クリックして、「全画面録画」や「領域指定録画」を選んでください。

全画面録画の場合:録画範囲はフルスクリーンにしますので、「Ctrl+F12」を押せばアイコンが赤くなり、Windows 10の画面録画が開始します。

特定の領域を指定して録画する場合:カーソルで録画したい領域をドラッグして、録画範囲を指定してから、「録画開始」を押してWindows 10画面を録画します。

AG-デスクトップレコーダー 録画

ステップ4、 録画を停止する場合、再び「Ctrl+F12」を押して、録画した動画のエンコード処理が終了すると、自動的に指定した動画形式で保存先に出力されます。

AG-デスクトップレコーダーはフリーソフトとしてWindows 10画面録画の時によく使われていますが、不具合もたまには発生します。エンコードはできないことや、録画した動画はフレーム落ちが発生することがあります。無料で利用するのがメリットですが、更新頻度が低くてバグが多発するデメリットもありますので、安全性と安定性を重視する方はほかの動画録画ツールを代替ソフトとして使ってみてください。

Windows 10で画面録画に関するよくある質問

Windows 10の画面を録画する場合、下記の質問にアンサーを求める方もいるので、ここでは質問をまとめて回答します。

ゲームバーはデスクトップが録画できない、どうすればいいのですか?

ゲームバーはデスクトップ録画に対応しませんので、Windows 10のデスクトップを録画したい場合、そのほかの録画ソフトをゲームバーの代わりとして利用してみてください。この記事では多種類の録画ソフトの使い方について紹介してみました。

もし余計な録画ソフトをインストールしたくない場合、パワーポイントでデスクトップを録画することも選択肢の一つです。

ステップ1、 パワーポイントで「挿入」>「メディア」>「画面録画」の順に選択します。

ステップ2、 「領域の選択」で録画範囲を設定し、そして「録画」ボタンを押せば、Windows 10パソコンのデスクトップ画面録画が始まります。

ステップ3、 「ファイル」>「上書き保存」の順に選択すれば、録画した動画データはスライドショーに埋め込まれます。この動画データを右クリックして、「メディアに名前をつけて保存」を押せば保存先を指定して出力できます。

Powerpoint 録画

どうしてWindows 10で画面録画する時に内部音声が入らない?

Windows 10のゲームバーで画面を録画する場合、内部音声も自動的に録音されます。

もしゲームバーで録画する時に内部音声が入らないと、ゲームバーの歯車アイコンを押して、「設定」>「キャプチャー」>「録音するオーディオ」をチェックしてください。

「すべて」を選択する場合にはゲーム音声・アプリ音声・システム音声・マイク音など、内部音声と外部音声を含めて録音できるはずです。

ゲームバー DVR

Windows 10ゲームバーで画面録画できない原因は?

様々な原因によってゲームバーの画面録画機能を実行できないことがあります。ゲームバーが無効になるとその画面録画機能が利用できないし、Windows 10のハードウェア要件はゲームバーを実行する必要な条件に満たない可能性もあります。一部のゲームをプレイしている場合、Windowsキーが無効になっているし、ゲームがフルスクリーンモードで起動する時にゲームバーで画面を録画できないのもあります。画面録画できない問題を解決するためには、その原因を把握してから、対処法を練る必要があります。

もしゲームバーで画面を録画できない原因が把握できないと、ほかの録画ソフトを代わりとしてWindows画面を録画することをお勧めします。この記事で紹介される「FonePaw PC画面録画」・「OBS Studio」・「AG-デスクトップレコーダー」はどちらでも便利かつ強力な動画レコーダーとしてWindows 10の画面録画に対応します。

Windows 10で録画した動画は画面が真っ黒になる原因は?

一部のサイトや動画はコンテンツ保護のため、録画ソフトでその画面を録画する場合に映像コンテンツがキャプチャーされないように制限しますので、録画した動画の画面が真っ黒になる恐れがあります。

もちろん、原因はコンテンツ保護だけではなく、手元のWindows 10画面録画ソフト・動画再生ソフト(メディアプレーヤー)やWindows 10のハードウェア要件にエラーが発生する場合にも録画データが真っ黒になる可能性があります。

この問題の対策として、手元のPC画面録画ソフトとメディアプレヤーを再インストールしたり、代替案の録画ソフトを使ったり、Windows 10パソコンのグラフィックドライバーを再インストールしたりしてみることをお勧めします。

まとめ

Windows 10の録画方法は多種多様ですので、標準録画機能のゲームバーが使用できない場合にも専門的な録画ソフトを活用して、上記の使い方を参考にしながらPC画面をキャプチャーしましょう。「FonePaw PC画面録画」を例として一部の画面録画ソフトは録音・スクリーンショット・予約録画機能なども搭載していますので、Windows画面の動きと流れる内部音声をしっかりと記録したい方はぜひこの録画ソフトの便利な機能を活用してみてください。

無料お試し 無料お試し