復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【2022最新】ウェビナーの録画方法を紹介!Windows/Mac/iPhone/Android対応

by 芹沢 琴音, 2022.10.14
関連おすすめソフト

ウェビナー配信を録画して保存するには、「FonePaw PC画面録画」を強くお勧めします。高画質・音声付きでウェビナー配信をリアルタイムで録画できるし、予約録画も可能です。無料利用でお試しください。

無料お試し 無料お試し

Zoomなどのウェビナーツールでwebセミナーをしている時、重要なWebセミナーを録画して保存する必要があることがよくあります。また、都合が悪い時、見たくても見られないウェビナーをPCで自動的に録画できればいいと思いますね。この記事では、Zoomなどのウェビナーツールに対応できるウェビナーの録画方法をまとめて紹介していきます。

ウェビナーについて

ウェビナーとは

ウェビナーとは、「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた言葉で、その文字通り、インターネット上で行われるセミナーのことです。実際の会場を予約しなくてもスマホやパソコンからウェビナーにアクセスすることができ、主催者と参加者が映像や音声、画面を共有することができます。

ウェビナーの配信方法

ウェビナーには、主に「リアルタイム配信」と「録画配信」の2つの配信方法があります。

1.リアルタイム配信

リアルタイム配信は事前に決められた配信時間があり、主催者と参加者の両方が指定された時間にWebウェビナーに参加する必要があります。開催者と参加者がリアルタイムでコミュニケーションできることです。しかし、リアルタイム配信は一時停止や早送りができず、ネットワークの影響で遅れたり、視聴できない場合があります。

2.録画配信

録画配信とは、ウェビナーを事前に録画し、配信中に参加者がいつでも視聴できるビデオにすることです。そのため、各参加者は視聴時間と再生スケジュールを選択できます。 しかし、ウェビナーの録画配信ではリアルタイムにコミュニケーションができません。また、ウェビナーの録画やビデオの制作にも時間がかかります。

ウェビナーの録画について

企業や学校でZoomなどのウェビナーツールを利用して行われるWeb会議ウェビナーは、一般的にリアルタイム配信で行われます。何らかの理由で時間通りにウェビナーに参加できない場合は、ウェビナーの録画が必要です。ウェビナーをバックアップとして録画することで、参加者全員がオフラインで再生することができます。Webセミナーを録画して携帯電話やパソコンに動画を保存することで、主催者は会議を確認でき、参加者はいつでもウェビナーの内容を見ることができます。次に、ウェビナー配信の録画方法について説明します。

ウェビナーを録画する方法1:録画ソフトを利用

ウェビナーを録画またはレコーディングするには、専門的な録画ソフトが必要です。ここで紹介するのは FonePaw PC画面録画 というパソコンとスマホ用の素晴らしいウェビナー録画ソフトです。このソフトを使えば、時間制限なしでZoomなどのウェビナーを録画することができます。また、ウェビナーが行われている間に、キーボードのホットキーで録画を開始したり終了したりでき、スクリーンショットを撮ることもできます。さらに、すべてのウェビナー参加者のWebカメラと音声を録画またはレコーディングすることが可能です。

しかも、マウス操作を表示または非表示にすること、パソコン上の他のソフトの操作をウェビナーの記録に含めたり除外し たりすることができます。そのため、ウェビナーを録画する際に他のウィンドウの影響を受ける心配はありません。さらに、ウェビナーはMP4などの形式で録画でき、Facebook、YouTube、またはその他のプラットフォームで共有またはアップロードすることもできます。今すぐ 利用して、ウェビナー配信を録画/レコーディングしましょう。

無料お試し 無料お試し

「FonePaw PC画面録画」でwebセミナーを録画する手順

次に、Windowsパソコンを例にFonePaw PC画面録画」を使ってウェビナー配信を録画する方法を詳しくご紹介します。

ステップ1. 録画/録音モードの選択

「FonePaw PC画面録画」 を起動します。ウェビナーを録画する場合は、ソフトのメイン画面にある 「動画レコーダー」 を選択します。一方でウェビナーをレコーディングする場合は、 「音声レコーダー」 を選択してください。

メイン画面

ステップ2. ウェビナー録画の設定

ウェビナーが始める前に、自分の好みや要求に合わせてwebセミナーを録画できるように、録画ソフトの設定をチェックしてください。

まずは録画エリアを決定します。ウェビナーのみ録画する場合は、 「録画モード」「ウィンドロック&録画」 の順にクリックし、Zoomなどオンラインセミナーを提供するソフトまたはブラウザを選択します。こうすれば、ウェビナーが行われている間に電子メールをチェックするあるいは文書を開くときに、その操作画面は録画されません。さらに、マウス操作の表示、ウェビナーの録画ファイルの保存先と品質を設定することができます。

ウィンドウ ロック 録画

ステップ3. ウェビナー録画を開始

録画ソフトの 「システム音」「マイク音」「オン」 になっていることを確認してください。ウェビナーが開始したら、 REC をクリックして録画プロセスを開始できます。または、ホットキーを使ってウェビナー録画を開始することもできます。

録画 ソフト 設定

ウェビナーが行われている間に、出席者の声が小さすぎだったり、大きすぎだったりしていると感じる場合は、スライダを調整してボリュームを調整することができます。また、ビデオに書いたり描いたりするための注釈ツールもあります。

ウェビナー 録画

ステップ4. ウェビナーの録画を終了

ウェビナーが終了したら、 「停止」 ボタンをクリックして録画を終了することができます。または、時計アイコンをクリックして、時間切れになったときに自動的に録画を終了する設定もできます。

自動的に録画を終了

FonePaw PC画面録画」 の使い方は以下のビデオをご覧ください。

tips 活用方法:ウェビナーの録画を予約
  • 「FonePaw PC画面録画」 を使って、ウェビナーの録画を事前に予約することもできますよ。そのためには、ソフトにタスクを追加するだけでスケジュールは完成です。

ステップ1. ソフトで 「タスクスケジュール」 をクリックします。

ステップ2.新しいタスクを追加し、そのタスクに名前を付けます(例:ウェビナー2022.10.12)。開始時間と終了時間を設定します。続いて、 OK をクリックしてください。タスクが予定通り追加され、ソフトは設定した時間に従ってウェビナーの録画を開始します。その間、パソコンの電源を入れたままにしてください。

新規 タスク カスタマイズ

FonePaw PC画面録画」 はZoomなどのウェビナーツールで開催されたwebセミナーを録画するだけでなく、ウェビナーの録画を予約することもできます。需要があればぜひ利用してください!

無料お試し 無料お試し

ウェビナーを録画する方法2:ウェビナーツールを使用

すでに録画機能があるウェビナーツールを使用している場合、配信中のオンラインセミナーを簡単に録画することができます。次は、ZoomとGoogle Meetの録画機能を持つウェビナーツールの録画方法を紹介します。

ZoomでWebセミナーを録画する

ZoomはWeb会議フリーソフトとして知られていますが、有料プランに加入すると、録画機能を搭載している「Zoom Video Webinars」を利用できるようになります。「Zoom Video Webinars」では、主催者と参加者の両方がウェビナーを録画し、データを「クラウド保存」でサーバーに保存するか、「ローカル保存」で自分のPCに保存するかを選択できます。「クラウド保存」を利用すれば、録画したウェビナー配信をPCだけでなく、スマホやタブレットなど様々なデバイスから視聴できるのが魅力的です。

ただし、「Zoom Video Webinars」を利用したWebセミナーの録画には、以下の制限があります。

  • 「Zoom Video Webinars」はWebセミナーに招待された人数に応じて価格が異なり、追加で購入する必要があります。
  • 参加者がウェビナーを録画する場合は、主催者の許可が必要です。
  • PCでは「ローカル録画」、「クラウド録画」ともに対応していますが、Android、IOSでは「ローカル録画」は対応していません。

Zoom Video Webinars

Zoomウェビナーの録画方法については、関連記事をご覧ください。

Google MeetでWebセミナーを録画する

Googleが提供するウェビナーツール「Google Meet」にも、ウェビナー配信を録画する機能があります。ただし、録画機能は主催者と主催者が許可したユーザーのみが利用できます。録画されたファイルは主催者のPCフォルダに保存され、主催者とウェビナーを録画したユーザーには録画ファイルへのリンクを含む電子メールが送信されます。また、Googleのクラウドストレージサービス「Google Drive」経由でのファイル共有も可能です。

「Google Meet」を利用したウェビナーの録画には、以下のような制限があります。

  • Business Standard、Business Plusなどの有料プランに加入する必要があります。
  • 録画ファイルは「Google Drive」に保存され、「Google Drive」経由でのみ共有やダウンロードが可能です。
  • 参加者は、主催者の許可を得た場合のみウェビナーを録画することができます。

Google Meet

「Google Meet」のウェビナー配信を録画する方法も関連記事をご覧ください。

ウェビナーを録画する方法3:パソコンやスマホの標準機能を使う

また、コンピューターやスマホに付属の標準機能を使用して、ウェビナーを録画することもできます。 デバイスによって以下の4つに分類されます。

Windowsパソコンでウェビナーを録画する

「ゲームバー」は、Windows10/11システムに付属するゲームツールバーで、パソコン上で動作するゲームの録画できます。ウェビナーの録画にも使用できます。ただし、ウェビナーの録画中に画面を切り替えると、録画が中止されますので、ご注意ください。

ステップ1. ウェビナーを画面の一番上に表示したまま、Windows+Gキーを同時に押してゲームバーを開きます。

ゲームバーを開く

ステップ2. Windows + Alt + Rキーを同時に押して、ウェビナーの録画を開始または停止します。録画がを録画したビデオは、PC>「ビデオ」>「キャプチャ」フォルダに保存されます。

Macパソコンでウェビナーを録画する

「QuickTime Player」はMacシステムに付属のプレーヤーです。 「QuickTime Player」の「画面収録」を使用してウェビナーを録画できます。 ただし、内部音声ではなく、マイクからの音声のみを録音できることに注意してください。

ステップ1. Macの「QuickTime Player」で、「ファイル」>「新規画面収録」>「画面収録」を選択します。

QuickTime Playerを起動

ステップ2. 録画範囲を選択し、「収録を開始」ボタンをクリックするとウェビナーの録画を開始します。command+control+escを押して録画を終了します。

QuickTime Playerの収録を開始

iPhoneでウェビナーを録画する

iOSに搭載されたツールを使えば、ウェビナーの録画など、スマホ画面を簡単に録画することができます。iOS14以降を搭載したiPhone、iPad、iPod Touchで利用可能です。ただし、編集機能は搭載していません。

ステップ1. 「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」を選択し、「画面収録」の横にある追加ボタンをタップします。

iPhoneの画面収録

ステップ2. 録画ボタンをタップして3秒のカウントダウンでウェビナーの録画が開始されます。

ステップ3. 録画を停止するには、画面上の赤いステータスバーをタップし、「停止」をタップしてください。録画した動画は写真フォルダに保存されます。

iPhoneの画面収録の停止

Androidでウェビナーを録画する

Android 11以降では、スマホ画面の録画が可能で、スマホで行ったウェビナー配信も録画可能です。しかし、すぐに編集できるわけではなく、録画した映像を別のフォーマットに書き出して編集する必要があります。

ステップ1. まず、画面上部から通知バーを引き下げると、「スクリーンレコード」のアイコンを見つけ、それをタップします。

Androidのスクリーンレコード

ステップ2. ウェビナーを録画することを確認し、「開始」ボタンをタップして録画を開始します。

Androidのスクリーンレコードの開始

ステップ3. 完了したら、通知バーで停止をタップします。録画ファイルはデフォルトでギャラリーに保存されます。

Androidのスクリーンレコードの停止

ウェビナーの録画方法の比較表

3つのウェビナーを録画する方法の機能をより直感的に比較するために、以下の表をまとめました。

      
録画方法 録画ソフト ウェビナーツール 標準機能
使いやすさ★★★★★ ★★★★ ★★★
対応OS Mac/Win/iPhone/Android Mac/Win/iPhone/Android Mac/Win/iPhone/Android
画面録画
ウェブカメラ録画
マイク音声
内部音声 ○(Mac未対応)
動画編集 × ○(スマホ未対応)
プレビュー機能 × ×
無料で録画可能 ×

外部の録画ツールを使用したくない場合、本体に録画機能を搭載しているZoom、Google Meetのようなウェビナーツールでウェビナーを直接録画することをおすすめします。別途録画ソフトをインストールせずに簡単なWebセミナーを録画したい場合、標準の録画機能が十分です。録画中に他のウィンドウに影響を与えず、ウェビナーをバレずに録画できるようにしたい場合は、無料利用できる「FonePaw PC画面録画」がおすすめです。

ウェビナーを録画するメリット

1.ウェビナーのコストを削減できる

同じトピックや内容のウェビナーを複数回にライブ配信すると、その都度準備に時間と労力がかかります。ライブ配信のウェビナーを録画し、オンデマンドで提供することで、多くの時間と労力のコストを節約することができます。

2.録画したウェビナーを修正し、分かりやすさを向上させる

録画したウェビナーでは、既存のコンテンツをさらに編集・修正し、参加者の理解を深めるために更新することができます。例えば、ウェビナーを配信するたびに、参加者のコメントを集めたり、アンケートを実施して感想を引き出したりしています。改善できる部分があれば、すぐに修正して次の配信に活用できます。このサイクルを繰り返すことで、より分かりやすく、参加者のニーズに合ったウェビナーを配信することが可能になります。

3.都合が悪い方も視聴できる

仕事などの都合でウェビナーに参加できない場合でも、録画で都合のよい時に視聴することが可能です。主催者側としては、ウェビナーを録画することで、宣伝や集客が容易になり、より多くの人がオンラインセミナーを視聴できるようになるというメリットがあります。

4.ウェビナーの内容をより深く理解できる

ライブ配信のウェビナーは巻き戻しや繰り返しができないため、より深く掘り下げることができない場合があります。ウェビナーを録画しておけば、もう一度見たい部分を自由に繰り返すことができるので、オンラインセミナーの内容をより深く理解することができます。

ウェビナーの録画時の注意点

1.参加者の同意を得る

Webセミナーの録画を開始する前に、すべての参加者から同意を得る必要があります。これは、ウェビナーの録画に参加者の個人情報が含まれる可能性があるためです。参加者の個人情報を含むウェビナーの録画ビデオを勝手にインターネット上で公開した場合、権利侵害となる可能性があります。参加者の同意を得た後に録画した動画は、スマホやパソコンにバックアップして保存し、オフラインで簡単に視聴することができます。

2.十分なストレージ容量を確保する

ウェビナーを録画してコンピューターや携帯電話に保存する場合、十分なストレージ容量を確保することが必要です。録画されたウェビナーの解像度が高いほど、ビデオ ファイルは大きくなります。また、Webセミナーは一般的に時間がかかるため、長時間録画されたWebセミナーの動画を保存するには多くのスペースが必要です。

3.デバイスの処理能力を確保する

デバイスの処理能力が十分でない場合、ウェビナー配信の録画が中断されたり、スムーズに実行されない場合があります。ウェビナー配信の録画を搭載できる機器かどうかを検討することが重要です。システムやデバイスが古いパソコンやスマホであれば、その点を考慮する必要があるかもしれません。

ウェビナーの録画に関する質問

ウェビナーを録画するとバレる?

「FonePaw PC画面録画」と標準機能でウェビナーを録画した場合、録画されていることがバレません。 ただし、ZoomやGoogle Meetに付属する録音機能で録音した場合は、参加者全員の画面に「レコーディング中」のメッセージが表示されます。バレたくない場合は、「FonePaw PC画面録画」またはパソコンやスマホの標準機能の利用をおすすめします。

まとめ

以上はZoomなどのウェビナーツールに対応できるウェビナーの録画方法の紹介です。録画ソフト、ウェビナーツール、パソコンやスマホの標準機能を使ってWebセミナーの録画について紹介しました。Windows/Mac/iPhone/Androidでウェビナー配信を録画/レコーディングする時には、ぜひ強力な録画ソフト FonePaw PC画面録画 を無料試してくださいね!

無料お試し 無料お試し