[Windows 10]デスクトップアイコンやファイルが消えた時の対処法

芹沢 琴音, 2021.4.7

Windowsパソコンを使用するうちには、デスクトップのファイルやアイコンなどが「エクスプローラー」の不具合で消えてしまい、或いはユーザーの誤操作で知らない間に削除されたこともあります。その時、まずは本記事の対処法を参考にして、消えたデータを復元してみましょう。

一、Windows10デスクトップから消えたショートカットを再作成

Windows10デスクトップでのアイコンはほとんどショートカットアイコンで、左下には矢印のマークが付いています。

ショットカットアイコン

ショートカットアイコンはソフトを起動する手間を省くためにデスクトップに作成しておくものですので、削除されても簡単に再作成できます。

ショートカットアイコンを作りたいフォルダやファイルを 右クリックして「送る」>「デスクトップ(ショートカットを作成)」 を選択すれば簡単にデスクトップでショートカットアイコンを作成できます。

二、データ復元ソフトで消えたショットカット・ファイルを復元

デスクトップでのファイルが削除された、あるいはショットカットの元のファイルが削除されたら、ショートカットを作成するだけで取り戻すことはできません。その場合、まずはパソコンの「ゴミ箱」をチェックしてください。「ゴミ箱」でファイルを見つけた時には、右クリックして「元に戻す」をクリックすれば復元可能です。

もしゴミ箱からも消されたデータを取り戻したいなら、専門的なPC復元ソフト「FonePaw データ復元 (opens new window)」を試しましょう。本ソフトはパソコンをスキャンすることで、消された様々なファイルを復旧する機能を持ちます。

本ソフトでパソコンをスキャンして、デスクトップから消えたファイルを検出してみたいなら、ソフトの無料体験版を試してください。

ステップ1、ソフトをPCにインストールして、起動します。ソフトのメイン画面ではスキャン対象のドライブとデータ種類を選択できます。デスクトップのファイルを復元したい場合には 「ローカルドライブC」 を選択してください。「スキャン」 をクリックすればスキャンが始まります。

デスクトップ アイコン スキャン

ステップ2、検出されたファイルがここに表示されます。復元したいデータを見つけた場合には右下の 「リカバリー」 を押してください。これで復元されるデータの保存先を選択する画面に入ります。

デスクトップ アイコン 復旧

ステップ3、最後に 「OK」 を押すとリカバリーが始まります。リカバリー完了した後、「フォルダを開ける」 を押す事で復元したデータを確認できます。

復旧完了

「クイックスキャン」 では復元したいファイルを検出できない場合、「ディープスキャン」 でPCをスキャンしてみてもいいです。デスクトップでのファイルだけではなく、パソコンの他の場所でのデータが消えたら、ぜひこの復元ソフトを利用して取り戻してみてください。

三、Windows10の標準アイコンが消えた時の対処法

自分から作成したショットカットやファイルではなく、システムデフォルトのゴミ箱などのアイコンが消えた場合、どうすれば作成できるのだろう。次の手順でこれらのアイコンを復元できます。

1、スタートメニューから 「設定」 を押して、「個人用設定」「テーマ」 を選択し、「関連設定」「デスクトップアイコンの設定」 をクリックして、表示させたいアイコンを選択してから「OK」を押してください。注意すべきなのは、ここでは「コンピューター(PC)」「ゴミ箱」などの標準アイコンだけ調整できます。

デスクトップアイコンの設定

2、その後、デスクトップで右クリックして、「表示」>「デスクトップアイコンの表示」 をチェックすると、デスクトップアイコンが表示されるようになります。デスクトップのアイコンが消えた場合、この方法で表示させてみてください。

デスクトップアイコンの表示

一部のデスクトップのアイコンが消えた時の対処法は以上です。操作手順に従って問題を解決してみましょう。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.