復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【2022最新】パソコンのデータを復元する方法を完全解説[Win/Mac]

by 冬馬 春希, 2022.01.26
関連おすすめのソフト

パソコンの重要データが紛失もしくは間違って削除された場合、簡単に運用できるデータ復元ソフトFonePaw データ復元」をおすすめします。バックアップなしの場合でも復旧可能、必要のある方是非お試しください。

無料お試し 無料お試し

誤ってパソコンのデータを削除したことありませんか。一度削除してデータはまだゴミ箱に残されているなら大丈夫ですが、ゴミ箱を空にした、もしくは「Shift」+「Delete」でデータを削除した場合なら、データはゴミ箱に送らずに直接に削除されます。間違って削除やシステムエラーで紛失した重要データを復旧したい時はどうすればいいでしょう。

本記事はパソコンで搭載しているデータ復元機能を通して、データを復元する方法を説明します。また、データ復元機能を利用していない方や、パソコン初心者なので複雑な操作が苦手の方に対し、分かりやすいインターフェースで簡単に操作できる、FonePaw データ復元 (opens new window)でデータを復元する方法も紹介いたします。

「FonePaw データ復元」は選定されたデスクにあらゆる削除したデータをスキャンすることに力を入れる専門なデータ復元するソフトです。スキャンしたデータは表示されて、指定したところに保存されます。

一、パソコンで確認しておきたいデータ復元の方法

Windows10を利用している方に対し、OSに備える機能でデータを復元することができます。具体的には「以前のバージョン」と「ファイル履歴」二つの方法があります。

「以前のバージョン」の機能でデータを復元する

データが紛失する場合、もしファイアの元の保存先が分かる場合、ドライブやフォルダーを右クリックして、「以前のバージョンの復元」が見られます。これをクリックして、フォルダーを指定のバージョンに簡単に復旧することができます。

以前のバージョン

ご注意:このイメージのように、多くのユーザーが「以前のバージョン」を確認する場合、「利用可能な以前のバージョンはありません」の警告が出てきます。実際に、大部分のユーザーはこのような状況にあいます。

バージョンなし

なぜなら、「以前のバージョン」という機能は自動的なバックアップではなく、ユーザー自身が事前にバックアップしないと利用できない機能となります。更に、データ安全性向上の考えで、このバックアップ機能はパソコンが搭載するディスクじゃなく、必ず別の外部ディスクでバックアップできます。ユーザーに対する制限はかなり厳しいです。

バックアップ

「ファイル履歴」でデータを復元する方法

もう一つWindowsが搭載するデータ復元機能は「ファイア履歴」となります。「コントロールパネル」で簡単にアクセスできます。

コントロールパネル

ご注意ください、「ファイル履歴」は「以前のバージョン」と同じ、機能の利用で「外部ディスクの事前バックアップ」は必要な前提となります。もし他のディスクにバックアップしたファイルがあるなら、このように選択して、ファイアを元通りに置き換えることができます。

ファイル履歴

しかし、一般的にはデータの紛失は突然に発生する事態であり、外部ディスクでのバックアップもかなり複雑、常に行うことも非現実です。そのため、バックアップなしでも簡単に運用できるデータ復元ソフト「FonePaw データ復元」 (opens new window)をお勧めします。

無料お試し 無料お試し

二、専門的なデータ復元ソフトでPCのファイルを取り戻す

1、「FonePaw データ復元」 をダウンロードして、インストールします。インストールが完成したら、画面に入ります。復元したいファイルと保存場所を選んで、「スキャン」 をクリックします。

無料お試し 無料お試し

データ復元 ファイル種類

2、スキャン中の画面が表されます。途中で停止したい場合は 「一時停止」「停止」 を押すとスキャンが止まります。

スキャン中

3、スキャンが完了したら、削除したファイルやフォルダが表されます。復元したいデータを選んで、「リカバリー」 をクリックして、データは復元されます。

復元開始

「FonePaw データ復元」 (opens new window)の操作は簡単で、HDD、 USB、メモリカードなどの多種類のデータを復元できます。パソコンに苦手な方も簡単に操作できます。必要のあるかた是非お試しください。

無料お試し 無料お試し

三、Macで紛失したデータを復元する方法

Mac OS に搭載している「Time Machine」という機能があります。Time Machineを設定しておいたら、必要な時にTime Machineを利用すれば、データを過去の状態に戻れます。では、まず、Time Machineを設定する方法をみましょう。

1、Macのデスクの最上端にある時計のようなアイコンをクリックします。

時計のようなアイコン

2、「バックアップディスクを選択」のボタンを押します。

ディスク選択

3、「ディスクを使用」を押します。設定が完了したら、必要な時は Time Machine でデータを復元できます。

ディスク使用

4、データを復元したい時、 Time Machine をクリックして、画面に入ります。右側の日付を調整して、復元したい時間に調整します。そして左側に復元したいデータの種類を選んでください。選んだら、「復元」のボタンをクリックして、データは復元されます。

復元調整

でも、ファイル履歴の保存とTime Machineを予め設定していない場合、以上の方法でデータを復元することは不可能です。あるいは、パソコン初心者として、複雑な操作に不安を感じるからには、「FonePaw データ復元」 (opens new window) を使えば、簡単な操作でデータを復元できます。また、「FonePaw データ復元」はプレビュー機能も搭載し、復元したいだけのファイルを選択でき、すべてのファイルを置き換え必要がありません。「FonePaw データ復元」の利用で、より自在にファイルを管理できます。

無料お試し 無料お試し