復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

iPhoneのタイムプラスで撮影しましょう!使い方と注意事項

by 芹沢 琴音, 2021.4.16

タイムプラスは一定的な感覚の動画を高速に再生する撮影モードです。例えば、30分の動画を1分に縮めるという特徴を持っています。タイムプラスで日の出、日の入りや夜景などの変化を簡単で面白く撮れます。それでは、実践に入りましょう!

タイムプラス撮影

一、タイムプラスで撮影しよう

操作は簡単なですので、タイムプラスの初心者でも手軽に撮れますよ。

# 1.タイムプラスの撮り方・設定方法

まずは、カメラを開いてください。そして、下の選択肢を右にスワイプして、撮影モードを一番左の 「タイムプラス」 に変更して赤いボタンをタップすれば、撮影が始まります。もう一回赤いボタンをタップすれば、撮影が終了です。

タイムプラス選択

# 2.タイムプラス動画の再生方法

タイムプラスで撮った動画を確認したい場合は、その方法が二つあります。

一つ目は、カメラ画面のままで、左下のプレービューをタップすれば、今まで撮ってきた動画や写真が見られます。そこから動画を探し出して**「再生」**をタップすると、再生が始まります。

再生

二つ目は、「写真」 から動画を再生します。まずは、「写真」 をタップします。そして、「アルバム」 から 「タイムプラス」 をタップします。そうすると、タイムプラスのリストに入りますので、そこから再生したい動画を選び出して再生ボタンを押せば、動画の確認ができます。

タイムプラスアルバム

二、タイムプラスの注意点

# 1.撮影時間と再生時間を確認する

iPhoneのタイムプラスは撮影時間によって撮影間隔も変わりますので、下図に参考しながら動画を撮る時間を設定してください。

時間設定

# 2.空き容量とバッテリー残量を確認する

タイムプラスで撮影する場合は常にカメラを起動したままで撮影しますので、バッテリー残量に注意してください。そして、長時間撮影しますので、もしスマホの空き容量が足りなかったら、期待される動画が途中で切られてしまう可能性もありますので、事前に確信しておいてください。

# 3.iPhoneを三脚で固定する

タイムプラスはよく静止画を撮るため使われますので、静止画をきれいに撮れるように、撮影中はなるべくiPhoneを動かさないでください。そのため、三脚の利用によって、iPhoneがしっかりと固定されて、楽にきれいな動画を撮ることができます。

三、iPhoneのタイムプラスビデオをPCに取り出す

せっかく撮ったタイムプラスの動画を編集したり、他人に送ったり、保存用にバックアップしたりすることもあります。その時は、PCに転送する必要も出てくるかもしれません。タイムプラスの動画は、「写真」 に保存されますので、取り出すコツは基本写真や動画と一緒で大丈夫です。FonePaw DoTrans (opens new window) を使えば、便利にタイムプラスビデオ取り出すことができますので、今日ぜひおすすめしたいです。

まずは、「FonePaw DoTrans」 をダウンロードして、メッセージの通りにインストールしてください。

無料お試し

ステップ1、iPhoneをPCと接続して、「FonePaw DoTrans」 がiPhoneを検出します。
ステップ2、「写真」 のタブを選択して、「タイムプラス」 のカテゴリを見つけます。
ステップ3、タイムプラスの動画リストが表示されます。PCに転送したいタイムプラス動画にチェックを入れましょう。
ステップ4、上のバーのPCアイコンをクリックして、「PCにエクスポート」 をクリックします。

PCにエクスポート

そうすれば、タイムプラス動画はPCに送られます。分かりやすくてすぐに転送できますのでおすすめですよ。転送する前にタイムプラス動画のプレビューも可能です。

動画のプレビュー

以上で、タイムプラスの色々について紹介したました。どうでしょうか。タイムプラスはかなり便利で動作も簡単、活用次第かなり面白く使えます。さあ、タイムプラスで素晴らしい動画を作ってインスタ映えしましょう。

無料お試し