復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

上書き・削除されたドライブレコーダーのデータを復元する方法

by 美恵子, 2022-04-06

ドライブレコーダーの映像というと、車の事故やトラブルが発生する時に重要な証拠品として扱われますが、ドライブレコーダーはループ録画の典型例として、少しずつ過去の映像データを削除しながら録画をやりますので、過去の録画データは知らずに上書きされてしまう可能性があります。上書き・削除されてしまったドラレコのデータを取り戻すにはどうすればいいですか。この記事ではドライブレコーダーの録画ファイルを復元する方法を紹介します。

一、ドライブレコーダーについて

# 1、ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは小型ビデオカメラとして自動車がドライブ中の映像・音声を記録します。一部のドライブレコーダーは駐車監視機能を持ち、駐車期間中の事故の録画にも対応し、ドライバーが車内にいなくても自動車の周囲の状況をモニターリングできます。録画した映像は一般的にドライブレコーダーに挿入されたSDカードに保存します。

# 2、ドライブレコーダーの保存原理

ドライバーレコーダーの映像はどんな機種でもほぼ同じで「ループ録画」というやり方で録画されています。自動車のエンジンをかけている間に延々と録画し続ける「常時録画」をやりながら、映像データを保存するSDカードが満杯になったら、録画されていた映像の中の一番古いデータは少しずつ削除されて新しい映像に上書きされます。

ちなみに、今のドライブレコーダーの映像データはほとんど「段階別録画」で記録されます。一続きのデータとして録画されるタイプではなく、1分・3分・5分といった短いファイルに区切りつつ、繋げていくタイプです。

ドライブレコーダーの録画時間はその中に挿入したSDカードの容量によって異なりますので、できるだけ多くの映像データを保存したい場合には最大容量が大きいSDカードを選んでください。

二、ドライブレコーダーから削除・上書きされたデータを復元できるのか

ドライブレコーダーのSDカードのデータは上書きされたら、復元する可能性は状況次第です。簡単に言うと、もしドライブレコーダーの映像データが削除された直後に復元作業を始め、新しい録画はまだ録画されていない、或いは新しい時間が録画されていなかったら、上書きされた録画データは復元する可能性が高いです。逆に言えば、上書きされた後、まだ長い期間録画してしまうと復元する可能性が低いです。

三、ドライブレコーダーのSDカードから映像データを復元する方法

# 1、ドライブレコーダーのデータが隠されているのを確認

映像データを復元する前に、ドライブレコーダーのSDカードをパソコンに挿入し、その中には隠しファイルや隠しフォルダ、隠しドライブなどがあるかどうか確認してみましょう。

パソコンでSDカードを開き、上部のタスクバーからエクスプローラーを選び、そして「表示」>「オプション」>「フォルダーと検索のオプションの変更」の順にクリックしてから、「詳細設定」の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れて、「OK」を選びます。

これでSDカードに非表示されたファイルやフォルダが表示されます。もしそれでも隠された映像を見つけ出していないと、専門的な復元ソフトを活用して、ドライブレコーダーーのSDカードからデータを復元 (opens new window)してみましょう。

# 2、強力な復元ソフトでドライブレコーダーの映像データを復元

専門的なファイル復元ソフト「FonePaw データ復元」 (opens new window)はWindows・Mac向けのデータ復元ソフトですが、SDカードやUSBのデータを復元する (opens new window)ことにも対応しますので、ドライブレコーダーの映像データを復元したい場合には、このソフトをパソコンにダウンロードして、ドライブレコーダーのSDカードをPCに挿入し、その中の映像データの復元を試して見ましょう。

無料お試し 無料お試し

ステップ1、インストール済みの「FonePaw データ復元」 (opens new window)を起動し、スキャン範囲をドライブレコーダーのSDカードにしてから「スキャン」を選んでください。

「スキャン」を選ぶ

ステップ2、これでSDカードの中のデータが検出されます。復元したい映像データが出せない場合には「ディープスキャン」モードを選び、もっと多くのデータを検出してみましょう。

データが検出

ステップ3、検出されたデータの中に復元したい映像データを見つけ出したら、それにチェックを入れて「リカバリー」を選び、映像データを指定した保存先に出力できます。

ご注意: ドライブレコーダーのSDカードの中のファイルを復元して出力する場合、保存先を録画ファイルを保存する元のSDカードにしないでください。

復元して出力する

ちなみに、新たなデータの上書きだけではなく、パソコンにドライブレコーダーのSDカードを挿入し、SDカードを通じてその中のデータをチェックする場合にも誤ってSDカードをフォーマットすることもあります。その時でも「FonePaw データ復元」 (opens new window)フォーマットしたSDカードからデータを復旧 (opens new window)してみることができます。

まとめ

ドライブレコーダーの映像データがなくなった後、できるだけ早めに復元作業を始めると復元の成功率も上がります。SDカードの中の映像データが失ったら、上書きされることを防止するために、SDカードに新たなデータを入れないほうがいいです。

無料お試し 無料お試し

en-ads close
en-ads close