復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

Macから削除されたデータ、ゴミ箱から消去されたファイルを復元する方法

by 冬馬 春希, 2021-12-22
関連おすすめのソフト

Macのファイルがゴミ箱から永久に消去、もしくはどうしてもファイルが見つからない場合、「FonePaw データ復元」 を利用すれば、Macデータを元通りに復旧できます。無料利用でお試しください。

無料お試し 無料お試し

Macでファイルを削除するのは簡単ですが、 Macから削除されたファイルを回復する、特にゴミ箱を空にした後に永久に削除されたファイルを回復するのは難しくなります。それでも、正しい方法とツールを運用したら取り戻す可能性も高いです。この記事では、ユーザー自力で削除されたファイルを回復できる方法を紹介していきたいと思います。

データがなくなる場合まずMacのゴミ箱を確認

Mac上のいくつかのファイルがなくなっていることに気づいたら、まずゴミ箱を確認してください。

Macには、削除されたファイルを格納するための「ゴミ箱」があります。最近Macでファイルを削除した場合、まずゴミ箱を検索して削除されたファイルを探します。

ステップ1. Dockから「ゴミ箱」を開くか、Macの「ゴミ箱」アイコンを直接クリックします。

ステップ2. 削除されたファイルをサイズ、種類、追加された日付などで表示します。または、検索バーにキーワードを入力し、必要なファイルを見つけます。

ステップ3.復元したいファイル選択し、任意の場所にドラッグします。ファイルは、その元の場所に復元されます。または、上部にある歯車アイコンをクリックしてから、「戻す」を押すと、ゴミ箱からファイルを元の場所に取り戻すこともできます。

Mac Trash

ヒント:

  1. 「前に削除したデータは30日後にゴミ箱によって自動的に削除されました。」と言うかもしれません。実は、この設定を自分で修正することができる、MacのFinderで、Finder > 環境設定を選択し、「詳細」をクリックします。

  2. 「30日後にゴミ箱から項目を削除」のチェックを外す。

「FonePaw データ復元」で特定のMacファイルを復元する方法

ゴミ箱を空にしたり、ファイルを永久に削除した場合、ゴミ箱で削除されたファイルを見つけることができず、ゴミ箱を元に戻すことができません。

Macでファイルを削除解除するには、Macコンピュータ、外付けハードドライブ、SDカード、USBドライブから削除されたファイルを復元することができる「FonePawデータ復元」 (opens new window)を利用することをお勧めします。

無料お試し 無料お試し

ステップ1、まずは 「FonePaw データ復元」をMacにインストールして、起動してください。次のような画面で、復元したいファイルの種類とスキャンしたいディスクを選択し、右下の 「スキャン」 ボタンを押して、指定したディスクに対するスキャンを開始します。

データ復元 メイン画面

ステップ2、スキャンが完了すると、画面が以下になります。リストされたファイルから復元したいファイルにチェックを入れて、「リカバリー」 ボタンをクリックします。

データ復元 選択

ステップ3、すると、保存先の設定画面が出てきます。好みによって保存先を指定して復元されたファイを保存できます。

データ復元 保存

「FonePaw データ復元」を使えば、画像、動画、音楽、ドキュメントなど多種類のファイルを復元できます。大切なデータを取り戻したいなら、ぜひ「FonePaw データ復元」使ってみてください。

無料お試し 無料お試し

MacのTime Machineでデータを復元する方法

Time Machineとは、Mac OS X 10.5 Leopard以降に標準で搭載されているバックアップ機能です。ユーザーのフォルダだけでなく、システムファイルやアプリなど、Macの内蔵ディスクにあるもの全てをバックアップできます。

Time MachineでMacのデータを元通りに復元できますが、事前にバックアップファイルを用意する必要があります、具体的な操作方法は関連記事 (opens new window)をご参考にしてください。ここでは、Time Machineでの復元方法を簡単に説明します。

バックアップしたデータを復元する

Time Machineメニューから 「Time Machineに入る」 をクリックしてから、復元したいファイルの保存フォルダを開きます。画面の右側にあるタイムラインから特定の日付を選択するか、フォルダの右側にあるボタンで時間を変更し、復元したいファイルを探します。見つけたら、そのファイルを選択し、フォルダの下にある 「復元」 ボタンを押します。

TimeMachine

Time MachineはMacのデータを復元できますが、事前のバックアップが要求されます。また、Macの機種が異なり、システムのバージョンが変更され場合、トラブルが発生する可能性があります。それに、Time Machineを運用するため単独の外付けハードディスクが不可欠であり、とても不便になります。Time Machineより、操作がもっと簡単であるデータ復元ソフト「FonePaw データ復元」の利用をお勧めします。

無料お試し 無料お試し

削除されたファイルをMacターミナルで復元

Macのファイルがゴミ箱に入れられ、どうしても見つけない場合、ターミナルのコマンドをお試しください。

Macターミナルでファイルを復元する操作方法は以下の通り:

  1. ターミナルを開き、コマンドライン画面が表示されます。
  2. 「cd .Trash」を入力して、Enterキーを押します。
  3. Type「mv ○○ ../」、○○は復元したいファイル名となります。例えば、「test.jpg」というファイルを復元したいなら「mv test.jpg ../」を入力します。
  4. 捜索機能で復元されたファイルを見つけます。

ご注意:既にゴミ箱から永久に消去されたデータに対し、この方法は対応できません。どうぞ「FonePaw データ復元」などのデータ復元ソフトをご利用ください。

無料お試し 無料お試し

ヒント:ターミナルでコマンド実行時に「Operation not permitted」と表示される場合の対処法

この問題にあった原因は、ターミナルには「フルディスクアクセス」を許可していないことです。環境設定の一つの変更で解決できます。

「システム環境設定」を開き、「セキュリティとプライバシー」の中にあるタブのうち、一番右にある「プライバシー」を選択。「フルディスクアクセス」の項目で、「+」ボタンをクリックし、アプリケーション一覧の中から「ターミナル」を追加します。

Full disk access

以上はMacのデータを復元する方法について説明となります。もちろん、ファイルがまだゴミ箱に残す箱、速やかに復元することができます。もしファイルが徹底的に消去され、そしてバックアップもない時、一刻も早めに「FonePawデータ復元」 (opens new window)を利用になってください。もしディスクの領域が上書きされたら、どんな手段でもファイルを復元できません。必要のある方是非ご確認ください。

無料お試し 無料お試し