【Macゴミ箱復元】Macのゴミ箱から削除したデータを復元できるソフトTop5

天尾 薫, 2021.8.11
関連おすすめのソフト

Macでゴミ箱からファイルを間違えて削除した場合、最強のデータ復旧アプリ「FonePaw データ復元 」を使って、Macごみ箱復元を実行しましょう。無料利用できるのでぜひお試しください。

Macのディスク容量を軽くしたいときに、まずは不要なファイルを削除することですね。でも、時々間違えて必要なデータを削除してしまったこともあります。旅行の記念写真、せっかく書き出した資料や重要通知に関するメールなどをうっかり削除した後、痛い目に合うでしょう。このような誤操作をしてから、解決対策に悩んでいる人は結構いると思います。

ファイルの復元に関しては、ファイルがまだゴミ箱に残る場合、削除の取り消すをすればいいのですが、ゴミ箱を空にしてしまったら、データ復元ソフトを利用することになります。今回はこの二つの状況において、Macのゴミ箱からファイルを復元する方法、またMacのゴミ箱から消去されたデータを復元できる実用的なデータ復元アプリTOP5及び復元方法を紹介します。

一、Macのゴミ箱からファイルを復元する

ファイル処理の場合、誤って必要なファイルを削除したら、どうやって紛失したファイルを復元しますか?Macで誤削除したファイルを取り戻すには、削除したデータを一時的に保存する場所であるゴミ箱からファイルを復元するのが一番早い方法です。

MacのFinderからゴミ箱を開いてから、復元したいファイルを見つけ、右クリックで 「戻す」をタップするか、直接元のフォルダへドラッグすることで、削除して失われたファイルを復元することができます。または、上部にある歯車アイコンをクリックしてから、「戻す」を押すと、ゴミ箱からファイルを取り戻すこともできます。

ゴミ箱から復元

二、Mac内に搭載されている「Time Machine」機能を利用する

Time Machine Mac OS以降に標準搭載されているバックアップ機能で、ユーザーの音楽・写真ファイルとフォルダだけでなく、メール、書類、システムファイルやアプリケーションなど、パソコンにあるすべてのデータを自動的にバックアップして、保存してくれます。

しかし、Time Machineというバックアップ機能を利用するには設定する必要があります。また、バックアップと取るためには外付けのストレージデバイスが必要です。準備が整っていたら、MacのTime Machineで削除されたデータを復元する方法を学びましょう。

# 1.TimeMachineでバックアップしたデータを復元する

Time Machineメニューから 「Time Machineに入る」 をクリックしてから、復元したいファイルを見つけて、そのファイルを選択し、フォルダの下にある 「復元」 をクリックします。

# 2.TimeMachineでシステム全体を復元する

アップルメニューから 「再起動」 をクリックしてから、 「Command + R」キー を押し続けると、 「OS X ユーティリティ」 画面が現れます。 「Time Machineバックアップから復元」 を選択し、 「続ける」 をタップします。

Time Machineの設定方法、またはこの方法についてまだ分からない部分がありましたら、MacのTime Machineでデータを復元する時の注意事項 (opens new window)という関連記事をご参考ください。

更に知る:Time MachineでMacを復元できない?原因と対策はこちら! (opens new window)

もし、Time Machine を設定していない状態でMacのゴミ箱を空にしたら、消えてしまったデータを復旧するには、データ復元ソフトが必要となります。また、Time Machineで失われたデータを復元できない場合は専門のデータ復元ソフトに依頼することがデータを復元できる可能性が最も高いです。

三、Macで空にしたゴミ箱のデータを復元できるソフト

Macのゴミ箱のファイルを完全削除したり、ゴミ箱を空にしたりする場合、消失したデータを復活しようとしたら、専門の復元ソフトを使わなければなりません。これからは、Macで削除したデータを取り戻せるおすすめのデータ復元ソフトを5つ紹介します。

# TOP1. FonePaw データ復元

FonePaw データ復元 (opens new window) はMac対応のプロなデータ復元ソフトで、ゴミ箱の復元がもちろん、間違って削除したデータをPC・外付けハードディスク・SDカード・USBなどから数百種以上のデータを復元できる便利ツールです。使い方がシンプルで、 3ステップ で特定の種類のデータだけを復元できます。二種類のスキャンが備えて、ほぼ 100%成功率 でデータを復活できます。

ステップ1.「FonePaw データ復元」 をMacにダウンロード、そしてインストールしてください。ソフトを起動すると、メイン画面が次のように表示されます。選択できるデータの類別は画像、オーディオ、ビデオ、メール、ドキュメントなどがあります。必要によって選び、ファイルの保存先を決めてから、右下の 「スキャン」 ボタンをクリックします。

復元データ 選択

ステップ2. これで、「FonePaw データ復元」 を通じて、Macのデータに対するスキャンが始まります。終わるまで少々お待ちください。途中でスキャンを停止したいなら、右上の 「一時停止」 或いは 「停止」 ボタンを押してください。

データスキャン

ステップ3.スキャンが完了したら、データのプレビュー画面が見えます。復元したいファイルを選択して、「リカバリー」ボタンをタップすれば、データが指定した保存先に復元されます。

データ チェック

「FonePaw データ復元」 ソフトで手軽に削除したデータを元に戻れるので、もしよければ是非試してダウンロードしてください。

# TOP2. Renee Undeleter

Renee Undeleter」はMac、PC、SDカード、USBメモリ、HDDなどの設備からデータを復元ソフトとして、写真、ドキュメント、ビデオ、音楽、電子メール、アーカイブ等を救出可能ですが、しかし、無料体験版はデータのスキャンまでしかできないのでご注意ください。

Renee Undeleter

# TOP3. Disk Drill

Disk Drill」はMac用データ復旧ソフトで、消えてしまった大事な仕事の文書、音楽、写真、動画などのデータを復元できます。操作は簡単で、初心者でもゴミ箱から削除されたファイルを復元できます。注意すべきなのは、プレビューを行うとファイルが損失する可能性があることです。安全性を求める方は「FonePaw データ復元 (opens new window)」を利用するのがお勧めです。

Disk Drill

# TOP4. MiniTool Photo Recovery Free

MiniTool Photo Recovery Free」はMacのゴミ箱から削除された写真、オーディオ、動画の復元に特化した復元ソフトです。パソコン、デジカメ、SDカードなどのメモリーカード、外付けディスクやUSBメモリなどのデバイスからデータを検出、復旧できます。しかし、スキャンは1種類のみあります。データ復元の成功率が保証されないです。

MiniTool Photo Recovery Free

# TOP5. PhotoRec

PhotoRec」はMacに対応した無料ファイル復元ソフトです。ゴミ箱から削除したファイルなどを復元でき、高い復元能力を持っています。残存データをファイルとして復元することに特化していますが、ファイル名を復元することにこだわりません。操作が少し難しくて初心者に不向きです。

PhotoRec

これまではMacでゴミ箱から削除したデータを復元するソフト、または復元方法についてご紹介しました。自分のニーズに応じて、適合な方法を選びましょう。時間や手間を掛けたくない方には「FonePaw データ復元 (opens new window)」を利用するのがおすすめです。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.