iTunesからiPhoneに音楽を同期したら消えた?安全策は必見。

小木曾 和紗, 2021-08-23
関連おすすめのソフト

iTunesの同期機能を利用すれば、小さな操作ミスで曲が消える恐れがあります。リスクを避けるため、直接にiPhoneの音楽や他のファイルを管理できるソフト「FonePaw DoTrans 」を推薦します。興味のある方是非試してください。

iPhoneをiTunesに接続して、音楽を同期したい時、iTunesに「既存の音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、および着信音をこのiPhoneから削除し、このiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?」という提示が表示され、正に予想外のことです。これは一体どういう状況ですか、徹底解説します。

iTunesで同期したら曲が消える原因

iTunesに同期するだけでiPhoneのミュージックが消えた、音楽が好きのiPhoneユーザーには大変なことです。問題を解決する前に、iTunes同期機能の原理を理解すべきです。簡単に言うと、iTunes同期とはデータをiPhoneなどのデバイスに追加するではなく、現有のiTunesデータをiPhoneに丸ごとコピーして、そしてデバイスに上書き保存するのような状態になります。

例えば、iTunesを使ってiPhoneと音楽を同期する場合、iTunesには「A、B、C」三つの曲がある、iPhoneには「B、C、D」三つの曲がある。そして、同期した結果は、iTunesとiPhone両方は「A、B、C」三つの曲だけが残り、「D」はiPhoneから消えます。つまり、同期させると、iPhoneのデータはiTunesで完全に上書きされます。自分の思うままに同期を行うと、iPhoneから大切な曲が削除される恐れがある。

「iTunesと同期して、iPhoneの曲が消えた」のようなことがあった人が大勢います。これはもiTunes同期機能のデメリットです。こちらはiPhoneを同期せずに曲を入れる方法を紹介します。

iPhoneの曲が削除されずに、自在に音楽・ビデオを管理する方法は?

ファイル紛失を回避、iPhoneを同期せずに曲を入れる、そして音楽とビデオを手動で管理でする、このような方法は存在しますか。制限されずiPhoneに曲を追加、そして音楽以外のファイルも自由に管理したい方に、下記の方法はおすすめです。

「FonePaw DoTrans」 (opens new window)を使えば、iTunesの同期制限を無視することは可能になります。

# 「FonePaw Dotrans」の特有機能は?

  1. パソコンでiPhoneの曲やプレイリストを直接に再生、削除、追加することができます。
  2. パソコンで直接にプレイリストや着信音を作成するは可能です。
  3. iPhoneとパソコンの間に曲を自在にインポート/エクスポートは可能です。
  4. iPhoneの曲を一括にパソコンやAndroidデバイスに移行することは可能です。

「FonePaw Dotrans」の音楽転送機能を利用すると、便利にPCからiPhoneに曲を入れる、またスマホからPCにファイルを転送することもできます。操作はとても簡単のため、パソコン苦手の方も手軽に使います。下のボタンで無料インストールしましょう。

1.インストール完了の後、iPhoneをPCと接続して、「FonePaw Dotrans」を起動してください。ホームページでデバイスの情報は表示されます。

デバイス情報

2.ホーム画面で音楽を選択して、デバイスに既存する曲はリストで表示されます。上側の「+」のアイコンをクリックします。これでファイル選択画面に入ります。

音楽追加

この画面で曲を複数選択することができます。転送したい曲を選択した後、下側の「開く」をクリックします。無料体験版は10曲まで転送可能です。

音楽選択

音楽の転送は素早いで完成します。二曲を追加した後、元の曲『届かない恋』は無事生存、ようやくiPhoneに届きました!これで好きな曲を楽しむことができます。

追加完了

以上はPCからiPhoneに音楽を転送する二つの方法を紹介しました。曲や他のファイルを転送、管理したい時、どの方法はより便利でしょうか。ちょっと比べて見ましょう。

iTunes同期と「FonePaw Dotrans」の比較

ツールiTunesFonePaw Dotrans
システム対応iOS限定iOS、Android、Windows
複数デバイス対応関連デバイスは一機に限定複数のデバイスに接続可能
ファイル紛失リスクが高い自動削除はしない
音楽の直接管理サポートしないサポートする
使いやすさ★★★★★★★★

iTunesで同期せずに曲を転送する方法

1.まず、PCでiTunesを起動して、「編集」→「環境設定」→「デバイス」の順で設定画面に入ります。

設定

そして、下側の「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックマークを付けます。これでiTunesの自動同期はオフにしました。

自動同期しない

2.iPhoneをパソコンのiTunesに接続した後、左上のスマホ形のアイコンをクリックして、設定画面に入ります。

iPhone設定

「概要」にある「オプション」の中に「音楽とビデオを手動で管理」にチェックマークを付けてください。

手動設定

3.最後、iTunesのライブラリから、iPhoneに追加したい曲を選択し、右クリックして「デバイスに追加」を選択してください。

デバイス追加

上記の方法で、同期せずにiTunesの曲をiPhoneに追加することができます。それに、この方法は同期を行うより大幅に時間を短縮しました。しかし、ご注意ください、一台以上のパソコンでiTunesを使うと、iTunesの固有設定のため、各パソコンのライブラリは一致しないの場合、この方法を使っても既有の曲が削除される可能性が高い。

上記の比較によりますと、iTunesはAppleの公式ツールですが、不便な点でもあります。各デバイスのミュージックを大事にして、そしてPCでiPhoneの音楽を直接に管理したい方に対して、「FonePaw DoTrans」 (opens new window)を試してみたら絶対に甲斐があります。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.