復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

iPhoneのカレンダーが削除された時の5つの復元方法

by 橋本 学, 2022-07-19

iPhoneの搭載している「カレンダー」はスケジュールを効率的に組むための標準機能として、多くのユーザーに愛用されていますが、カレンダーの中のスケジュールや予定などの情報は知らずに消えてしまう場合もあります。数月間のスケジュールや予定が紛失するとこれからの日程がうまく管理できないし、今までの行動もうまく把握できませんので、カレンダーの重要な日程表を復元する方法はあるのでしょうか。

iPhoneのカレンダーが削除された時、まずはiPhoneのカレンダーが消える原因を分析しながら、復元方法を練りましょう。iPhoneカレンダーの原因も復元方法も分からないと、ここでの対処法を参考にしてください。

iPhoneカレンダーが消えたのなぜ?

iPhoneのカレンダーはなぜ消えるのか?実はカレンダーの紛失原因も多種多様です。

iOSアップデートによる不具合

iOSのアップデートでエラーが発生してしまい、iPhoneのデータが紛失することがよくあります。

iPhoneの設定の変更

知らずにデバイスの設定をオン・オフにすると、iPhoneカレンダーの情報がなくなる場合もあります。

不安定なインターネット状況

Wi-Fiの接続が不安定、或いはインターネット状況が悪い環境でiCloud経由でカレンダーを同期する場合、カレンダーのデータが消えてしまうリスクがあります。

iPhoneの経年劣化

長年使用しているiPhoneの自然劣化によってシステムが崩壊し、様々な症状が発生します。カレンダーの予定とスケジュールの紛失だけではなく、スマホの動作が遅くなり、デバイスの充電ができなくなるかもしれません。

対処法1、iPhone本体から削除したiPhoneカレンダーを復元

iPhoneのデータが紛失してしまう場合、まずは專門的なiPhoneデータ復元ソフトを活用して、多種類の復元モードを通じてiPhoneデータを復元しましょう。バックアップを取っていなかった場合、「FonePaw iPhoneデータ復元」を例にして、iPhone本体から失くなったiPhoneカレンダーデータを復元する操作手順を紹介します。

無料お試し 無料お試し

FonePaw iPhoneデータ復元でiPhoneのカレンダー予定を復元する手順

ステップ1. ソフトをパソコンにインストールした後、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続してから、iPhone側の「信頼」を押してください。これでソフトもパソコンもiPhoneを認識できるようになります。

iPhone 接続

ステップ2. 次にソフトの復元モードの「iOSデバイスから復元」を選び、「スキャン開始」を押してください。

iOSデバイスから復元

ステップ3. スキャンが完了すると、iPhoneの既存のデータはすべてプレビューできます。消えたカレンダーも左側の「カレンダー」で確認できるかもしれません。

もし左側のメニューでの「カレンダー」では消えたカレンダーの情報を確認できたら、その中から復元したいカレンダーにチェックを入れて「復元」を押して、iPhoneカレンダーを取り戻してみましょう。

カレンダー プレビュー

もし上記の方法でカレンダー情報が見つからなくても、下記の「FonePaw iPhoneデータ復元」の二つの復元モードでiTunes・iCloudのバックアップからカレンダーを復元してみてください。

無料お試し 無料お試し

対処法2、バックアップから削除したiPhoneカレンダーを復元

iTunes・iCloudはiPhoneデータのバックアップを取る機能を持ちますので、カレンダーを復元したい時には今まで作成したバックアップデータをチェックしてください。

iTunesバックアップからiPhoneカレンダーを復元

「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」モードではパソコンのiTunesのバックアップの最新バックアップ日を確認しながら、バックアップの中身をプレビューして、選択的にデータをバックアップから取り出せます。

ステップ1. 「iTunesバックアップファイルから復元」を選び、中身をチェックしたいバックアップを選びます。

iTunesバックアップファイルから復元

ステップ2. そしてバックアップの中身が表示される時、左側のメニューから「カレンダー」を選び、バックアップのカレンダーをプレビューします。

ステップ3. 復元したいカレンダーの情報にチェックを入れて、「復元」を押して、復元したカレンダーデータの出力先を指定してください。

iCloudバックアップからiPhoneカレンダーを復元

ステップ1. ソフトの「iCloudバックアップファイルから復元」でiCloudにログインした後、iCloudでのバックアップを確認してその中のカレンダーデータを取り戻せます。もちろん、iCloudにサインインするためにはApple IDとパスワードが必要だし、インターネット環境も必要です。

iCloudにサインイン

ステップ2. iCloudにログインした後、iCloudのバックアップファイルが表示されます。中身をスキャンしてプレビューするためにはバックアップファイルをダウンロードしておく必要がありますので、バックアップ時点によってバックアップファイルをダウンロードしてください。

iCloudバックアップファイルから復元

ステップ3. ダウンロード完了とスキャン完了の場合、iCloudバックアップファイルのデータはファイル種類ごとにプレビューできますので、「カレンダー」で復元したいカレンダーの情報にチェックを入れてパソコンにカレンダーのデータを復元しましょう。

対処法3.iCloud.comからiPhoneから消えたカレンダーを復元

ステップ1. iCloudの公式サイトにアクセスして、AppleアカウントでiCloudにサインインし、「設定」>「詳細設定」>「カレンダーとリマインダーの復元」を押します。

詳細設定

ステップ2. 復元する時点を選び、「復元」を押してiPhoneから削除されたカレンダーを復元しましょう。

カレンダーの復元

注意すべきなのは、この方法ではすべてのカレンダーが復元する時点の日付によって戻ります。その時点の後でカレンダーに追加する情報は消えてしまいます。

対処法4.iPhoneの「設定」でカレンダー予定を同期させる

ステップ1. iPhoneの「設定」アプリ>「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。

ステップ2. カレンダーの「カレンダー」の「同期」をタップして、消えたカレンダーの情報に応じて同期時間を変更すれば、消えたカレンダー情報は表示されるかもしれません。

tips ヒント:
  • 消えたカレンダー情報の日付を把握できない場合、「すべてのイベント」を選んで、すべての予定を同期させてみてください。

カレンダー 同期

対処法5.iCloudでのカレンダー同期を有効にする

iCloudでカレンダーを利用している場合、iCloudのカレンダー同期をオンにしてください。

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「カレンダー」をオンにします。既にオンになっている場合、カレンダーを復元するためにもカレンダーをオフにしてから、数秒後にオンにしてください。

カレンダー 同期

まとめ

カレンダーはたった一度の人生の記録とも言えるし、iPhoneのカレンダーのスケジュールや予定は日程管理に重要な情報ですので、過去のスケジュールも将来の予定も忘れないために、定期的にiPhoneデータのバックアップを取り、自分の個人情報を大切に守りながらできるだけ上手く整理し、保存してください。もし、iPhoneのカレンダー予定をバックアップしていなかった場合でうっかり削除してしまったら、「FonePaw iPhoneデータ復元」を活用して削除したカレンダーを復元しましょう。

無料お試し 無料お試し