復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

無料でMPEGをMP4に変換する方法(Windows10&Mac)

by 桃沢 詩帆, 2021.11.17
関連おすすめのソフト

MPEGをMP4に変換しようとする場合、「FonePaw スーパーメディア変換」というフリー変換ソフトがおすすめです。無劣化でMPEG を高画質のMP4に変換できます。更に実用的な動画編集も備えている便利なツールです。無料利用できるのでぜひお試しください。

無料お試し 無料お試し

DVDからまたインターネットからパソコンに保存・ダウンロードした動画を鑑賞する時、MPGというファイル形式を見たことがあるでしょう。MPGはMPEGのフォーマットの一種類の動画形式としてよく使われています。しかし、汎用性が高いMP4と比べて、MPG、MPEGの動画は多くのデバイスで直接に再生できません。そのため、MP4に変換する必要があります。本記事は簡単にMPEG動画をMP4に変換できる方法を皆さんに紹介します。

フリーソフトでMPG、MPEGをMP4に変換する方法

まずはこれから使う人気メディア変換ソフト FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) を紹介しましょう。MPEG MP4変換がもちろん、このソフトはほぼ全てのオーディオ、ビデオ形式の相互変換に対応しています。無劣化でMPEG動画をMP4に一括変換できます。

しかも、Windows版とMac版もあるので、Windows10でもMacでも簡単にMPEGをMP4に変換できます。更に動画の編集や動画配信サイトからのダウンロード (opens new window)もできるなど多彩の機能を持っています。今すぐ「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードしましょう。

無料お試し 無料お試し

# ステップ1.MPEGファイルを追加

「FonePaw スーパーメディア変換」をインストールし、起動します。 下記のようなウィンドウが出てきたら、「ファイルを追加」ボタンをクリックし、変換したいMPEG動画ファイルをプログラムに追加します。

MPEGファイルを追加

# ステップ1.MPEGファイルを追加

「出力形式」ドロップダウンメニューをクリックし、「MP4」を出力形式として選択します。或いは直接「プロフィールを検索」欄で「mp4」を入力し、素早くMP4フォーマットを選択できます。メイン画面の「保存先」欄では変換後ファイルの保存先を設定できます。

出力形式をMP4に指定

# ステップ3.MPEGからMP4への変換を開始

最後に「変換」ボタンを押せば、MPEGからMP4への変換が始まります。変換の進行状況はソフト画面で確認できます。

MPEG-MP4変換開始

同じ操作で、MPEGを他の形式に変換することも簡単にできます。またMPEG以外の様々なフォーマットの変換ができます。今すぐ上記の手順に従って、MPEG動画をMP4に変換してみましょう。

無料お試し 無料お試し

オンラインサイトでMPG、MPEGをMP4に変換する方法

ソフトのインストールなしで、オンライン変換サイトを利用すれば、MPEGをMP4に変換することもできます。 「Online Video Converter」 は動画・音声形式の無料変換サービスを提供しています。次は、このサイトを活用して、MPEGをMP4に変換する手順を説明します。

Online Video Converter

ステップ1、まずは「Online Video Converter」にアクセスします。

ステップ2、そして、「ファイルを開く」をクリックして、変換したいMPEG動画ファイルをサイトにアップロードします。

ステップ3、アップロードが済んだら、出力形式を「MP4」に選択します。「変換」ボタンを押すと、MPEGファイルがMP4に変換し始めます。

しかし、安全性を保つ形式変換ソフトと比べて、ファイルのアップロード速度が遅くて、変換が不安定ですし、ウイルス感染やセキュリティ侵害などのリスクもあるかもしれません。偶には変換できない場合もあります。安全かつ高速でMPEGをMP4に変換したい、また複数のファイルを変換したいなら、これらのニーズに満たすフリーソフト FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) を使ったほうがおすすめです。

無料お試し 無料お試し

MPEGとMP4の違い

MPEG(Moving Picture Experts Group)またはMPGとは、ビデオとオーディオの圧縮基準の開発するISO/IECのワーキンググループです。グループの略称ではありながら、策定したビデオやオーディオの標準規格の名称としても使われています。

日常生活の中でよく使われているMPEGの国際規格はMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4といった三種類があります。その中、MPEG-1とMPEG-2規格で圧縮した動画ファイルの拡張子は.mpgや.mpegであり、MPEG-4の中の第14部で規定されるMP4は拡張子として.mp4が使われる場合が多いです。すなわち、MP4はMPEG-4の一種です。

MPEG-4はネット動画配信やモバイル端末などのジャンルで幅広く使われているほか、MPEG-2より高画質・低容量とされています。そんな特徴があるから、所持している.mpgや.mpegの動画ファイルをネットで共有したい時やデバイスに入れたい時は、MPEG-4規格のMP4形式に変換 (opens new window)した方がいいと思いますこの場合、専門的な動画形式変換フリーソフト「FonePaw スーパーメディア変換」を使いましょう。

無料お試し 無料お試し