MP3音楽ファイルを圧縮する方法

橋本 学, 2021.4.19

MP3形式は、元々圧縮形式の一種であって、それ以上再圧縮してサイズを小さくすることはとても難しいことです。rar、7z、zip等の圧縮形式にしても、ファイルのサイズがほとんど変えません。そこで、MP3形式の音楽ファイルのサイズを小さくするに、ほぼ唯一な方法はビットレートを下げることです。これからはオンラインとオフラインで二つのMP3ファイルサイズを圧縮する方法を紹介したいと思います。

・MP3音楽ファイルをオンラインで圧縮する方法

ネットで検索してみたら、オンラインMP3圧縮サービスが沢山出てくるはずです。本記事では、その中から「mp3smaller」を選んで、操作手順をスクショ付けて説明します。このサービスでは日本語も対応できて、使う時言語上の支障はほぼないので使いやすいです。

1.まずはサイトにアクセスします。そこで「 ファイルサイズ 」の呼び出しメニューから標的なオーディオビットレートを選びます。そして「 ブラウズ... 」ボタンを押して、圧縮したいMP3ファイルを選択してください。

mp3smaller MP3ファイル 選択

2.次は緑色の「 ファイルをアップロード 」ボタンをクリックして、MP3ファイルをサーバーにアップロードします。最大150MBのMP3ファイルをアップロードできるが、ファイルサイズが大き過ぎるとアップロード・圧縮失敗の可能性もあるので、程々のファイルをアップロードしてください。

mp3smaller MP3 アップロード

3.アップロード・圧縮済み後のMP3ファイルは、処理後のサイズ・圧縮されたサイズの部分と全サイズの比率が確認できます。圧縮結果に満足できれば、「 Download File 」を押して、圧縮されたMP3ファイルをダウンロードしてください。

mp3smaller MP3 ダウンロード

以上はオンラインサービスでMP3を圧縮する方法の紹介でした。アップロードが時間かかってややこしいと感じる方、又は一度で複数のMP3ファイルを圧縮したい方でしたら、どうぞこれから紹介されたソフトを使って、オフラインでMP3を圧縮してみてください。

・MP3音楽ファイルをオフラインで圧縮する方法

ここで紹介したいソフトは FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) です。このソフトを利用すれば、MP3ファイルのビットレートを調整してからファイルサイズを圧縮することができます。「FonePaw スーパーメディア変換」では複数のファイル対応可能なので、大量のMP3音楽ファイルを一括して処理したい時も便利です。

1.まずは圧縮したいMP3音楽ファイルのビットレートをプロパティウインドウの「 詳細 」タブから確認します。それから「 FonePaw スーパーメディア変換 」を起動して、そのMP3ファイルをソフトメイン画面へ追加してください。

mp3 プロパティウインドウ 詳細

2.「出力形式」から変換先をMP3に選択してください。ここでは予め内蔵したいくつの設定があります。ビットレートが元より小さい形式を選びましょう。

mp3形式

もしくは各形式右にある歯車アイコンをクリックして、手動で「 オーディオビットレート 」を設定することも可能です。音質をできる限り保つながらMP3のサイズを小さくにするには、192kbpsぐらいの数値がおすすめです。

mp3 メディア変換 ビットレート

3.最後は「 変換 」ボタンをクリックして、MP3ファイルの圧縮を始めてください。変換が完了したら、圧縮されたMP3ファイルを再生して音質を確認することが出来ます。

mp3 メディア変換 完了

ご覧のとおり、元は10.4MBのMP3ファイルは圧縮されたあと、3.90MBになりました。しかもかなりの音質が保っています。

mp3 サイズ 圧縮

この方法では、簡単に最適なビットレートを選んでMP3ファイルを圧縮できるし、ファイルをアップロード・ダウンロードする手間も省けます。複数のMP3ファイルがあっても、手軽に圧縮出来ます。

どうぞご自分の需要によって、上記紹介した二つの圧縮方法の中から一つを選んで試してください。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.