復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【かんたん!】Safariのブックマークが消える時の復元方法

by 橋本 学, 2022-07-19

Safariのブックマークやお気に入りが消えたとしても、多種多様の復元方法で消えたブックマークを取り戻せます。ここではMac/iPhoneなどiOSデバイスでSafariのブックマークが消えた時の対処法を説明し、また專門的なデータ復元ソフトを使って、消えたSafariのブックマークを復元する方法も紹介するので、消えたブックマークを復元したい時、一々試してください。

対処法1、Safariを完全終了する

Safariの不具合によってブックマークが正常に表示できない可能性もありますので、実行中のSafariを完全に終了してから、Safariを再起動してください。

対処法2、Mac・iPhoneを再起動する

iPhoneやMacの一時的な不具合によってSafariのブックマークが正常に表示されない可能性もあります。その時には万能薬の再起動で問題を解決してみましょう。

対処法3、iCloudからブックマークを復元

「iCloud」を通じて、消えてしまったSafariのブックマークを復元する可能性があります。

ステップ1. Macで「iCloud」にサインインして、青字の「アカウント設定」を押します。

アカウント設定

ステップ2. そして左下の「詳細設定」の「ブックマークの復元」を押します。

ブックマークの復元

復元したいブックマークにチェックを入れてから、右下の「完了」を押します。

ブックマーク 復元完了

表示される確認メッセージをチェックして、「復元」を押します。

ステップ3. 次にSafariを再起動してブックマークの復元をチェックします。

対処法4、iCloudでSafariをオフ→オンにする

iCloudのオン・オフによってSafariのブックマークが同期されていないことにより、消える可能性があります。既にiCloudの同期がオンになっている場合にも再びオンにしてブックマークを正常に同期する必要があります。

Macの場合:

「Apple」マークを押して、「システム環境設定」>「iCloud」にアクセスしてから、一覧から「Safari」のチェックを外してから、再びチェックを入れます。

iOS(iPhone・iPad)の場合:

「設定」アプリの「Apple ID」をタップして、「iCloud」の「Safari」項目を「オン」>「オフ」>「オン」に切り替えてください。

iCloudの同期を再度オンにした後、Safariを完全に終了してから再起動して、ブックマークが復元されたかどうか確認しましょう。

対処法5、Apple ID/iCloudの再サインイン・再ログイン

Apple IDやiCloudのサインイン状態によってSafariのブックマークが正常に同期できない場合もあります。その時にはApple ID・iCloudをサインアウトしてから、再ログインしてください。

Macの場合:

ステップ1. Apple」マークを押して「システム環境設定」>「Apple ID」>「概要」>「サインアウト」を押してApple IDからサインアウトします。

tips ヒント:
  • 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか」が表示されると「コピーを残す」を選びます。

ステップ2. サインアウトが成功したら、「サインイン」を押して再びAppleアカウントでサインインします。

iOS(iPhone・iPad)の場合:

ステップ1. 「設定」アプリ>「Apple ID」>画面下部にある「サインアウト」をタップして、Apple IDのパスワードを入力して、右上の「オフにする」をタップして、「サインアウト」をタップします。

ステップ2. サインアウトが成功したら、再びApple IDでサインインします。

上記の操作手順によってApple IDで再サインインした後、Safariのブックマークが正常に同期されたかどうか確認してください。もしそれでも消えたブックマークが取り戻せない場合、專門的な復元ソフトを利用してください。

対処法6、バックアップなしで消えたSafariブックマークを復元する

iPhoneやiPadのSafariのブックマークが消える場合、iOSデバイス向けのデータ復元ソフトを活用して紛失したお気に入りを取り戻してみるのも方法の一つですので、ここでは高速かつ便利な「FonePaw iPhoneデータ復元」を例にして、使い方を紹介します。

FonePaw iPhoneデータ復元」は無劣化でiPhoneから30種類以上のファイルを復元できるプロの復元ソフトとして、2つのスキャンモードが備えて、高い復元成功率を誇ります。iPhone本体からのデータ復元だけでなく、iTunesとiCloudバックアップからのデータ復元もサポートしています。データを選択的に取り戻すことが可能です。まず以下のボタンをクリックして、ソフトをダウンロードしてインストールしてください。

無料お試し 無料お試し

FonePaw iPhoneデータ復元で消えたSafariのブックマークを復元する手順

ステップ1. 「FonePaw iPhoneデータ復元」をインストールした後、起動します。iPhoneとパソコンを接続します。iPhoneのバックアップを取っていなかった場合、「iOSデバイスから復元」を選択します。

iPhone 接続

tips ヒント:

ステップ2. 次にiPhoneのスキャンを開始します。消えてしまったSafariのブックマークを復元するには、「ディープスキャン」を選択します。すべてのデータをスキャンすればスキャン時間も長くなりますので、少々お待ちください。

ディープスキャン

ステップ3. ディープスキャンを通じてはスキャン途中には2回~4回ほどiPhoneのパスワードをiPhone側で入力する必要があります。スキャン完了したら、スキャンの進捗状況とスキャン結果はソフトで確認できます。

iPhoneのパスワード 入力

もしスキャン結果の中から「Bookmark」・「Safari」などSafariのブックマークに関連するファイル名が出ると、それにチェックを入れて、「リカバリー」を押してファイルを復元してみてください。

tips ヒント:
  • 1.Safariのブックマークというと一般的には「ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Safari/」にある「Bookmarks.plist」というファイルです。
  •    
  • 2.ファイルの上書きを防止するために、復元したいファイルの出力先を元のSafariの保存先にしないでください。

復元したブックマークファイルを「ユーザ/(ユーザ名)/ライブラリ/Safari/」というパスに保存してからSafariを起動すれば、Safariで昔のブックマークが再び表示されるようになるはずです。

無料お試し 無料お試し

対処法7、iCloudバックアップから消えたSafariブックマークを復元する

iCloudでバックアップを取っておいた場合にもそのバックアップを復元することでSafariのブックマークを取り戻せます。

ステップ1. iPhoneで「設定」を開き、「Apple+ID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」で前回のバックアップを確認できます。

icloud バックアップからSafariブックマークを復元

ステップ2. iPhone・iPadの「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」でデバイスをリセットします。

ステップ3. iPhone・iPadが再起動すると、最初設定画面の「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選び、バックアップ時点によってバックアップファイルを選んで復元します。

対処法8、iTunesバックアップから消えたSafariブックマークを復元する

iTunesでバックアップを取っておいた場合、バックアップを復元することで消えたブックマークを復元できます。

ステップ1. iPhoneとPCを接続してから、「iTunes」を起動し、iPhoneマークを押します。

ステップ2. 「概要」の「バックアップを復元」を押して、復元したいファイル種類の中から「ブックマーク」を選択して、復元作業を始めます。

itunes バックアップからSafariブックマークを復元

まとめ

SafariというとAppleユーザーにお馴染みのブラウザとも言えますので、Safariのブックマーク・お気に入りが消えると効率的に好きなサイトを開けなくて不便ですので、上記の復元方法でブックマークを復旧しながら、できるだけ早めに紛失したお気に入りのウェブサイトを取り戻してください。普通の方法では効かない場合、専門的な復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元」を利用することで、バックアップを取っていなかったSafariのブックマークを復元してみましょう。操作方法が簡単で、試してみる価値があります。

無料お試し 無料お試し