復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

ゴミ箱にもない!iPhoneのメールが消えた時の復元方法

by 幾田 千夏, 2022-06-01
初心者におすすめ

紛失したワードファイルの復元に欠かせないソフトです。「FonePaw データ復元 」は上書きされたWordにせよ、未保存のまま閉じたWordにせよ、誤って削除しまったWordにせよ、簡単に復元することは可能です。まずはお試しを!

無料お試し 無料お試し

iPhoneのメールが削除されても取り戻せるのでしょうか。iPhoneの重要なメールが紛失した時、もしゴミ箱にも見つからなかったら、下記の方法を活用してiPhoneのメールを復元してみましょう。

方法1、メールボックスの「ゴミ箱」から削除されたiPhoneメールを復元

iPhoneのメールが消えた時、とりあえずiPhoneのメールボックスの「ゴミ箱」をチェックしてください。その中から知らずに削除されてしまったiPhoneメールを見つけたら取り戻すことが可能です。


ステップ1、 iPhoneの「メール」>「ゴミ箱」を確認します。

ゴミ箱


ステップ2、 ここで削除されたメールを見つけたら、「編集」>「移動」をタップして、出力先のフォルダを選んでメールを復元できます。

出力先のフォルダを選択

方法2、ゴミ箱にもないメールをiPhoneから確実に復元

もしゴミ箱にもメールが見つからない場合、iPhone向けのデータ復元ソフト「FonePaw データ復元 」でメールを復元してみましょう。「FonePaw iPhoneデータ復元」はiPhoneの削除されたファイルを復元できる強力なiOS復旧ソフトですが、機能を利用するためにはWindows・Macにインストールしておく必要があります。


無料お試し 無料お試し


ステップ1、 Windows・Macでソフトをインストールした後、「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動しながら、メールが消えたiPhoneをUSBケーブルで接続します。

USBケーブルと接続


ステップ2、 パソコン側がiPhoneを認識すれば、iPhoneの情報がソフトに表示されます。次には3つの復元モードからメールを復元する方法を選んでください。iPhoneから直接メールを復元したい場合には「iOSデバイスからデータの復元」を選びます。

復元モードを選択


ステップ3、 次には「一般スキャンを実行」「ディープスキャンを開始」を選びます。 ディープスキャンを通じてはより多くのデータを検出できますが、スキャン途中には2回~4回ほどiPhoneのパスワードをiPhone側で入力する必要があります。

iPhoneのパスワードを入力


ステップ4、 スキャンが終了したら、iPhoneの中のデータはカテゴリ別で表示されます。左側のカテゴリによってデータをプレビューしながら、復元したいデータにチェックを入れて、「復元」を押してください。次にはパソコンでの保存先を指定して、選択したデータをPCの保存先に出力します。

メール履歴をチェック

無料お試し 無料お試し

方法3、iTunesバックアップから削除されたiPhoneメールを復元

iTunesのiPhoneバックアップには消えたメールや削除されたメールがあればバックアップからメールを復元できます。でも、iTunesのバックアップからデータをiPhoneに復元すれば現在iPhoneに保存しているデータは上書きされます。ぜひ注意してください。


ステップ1、PCでiTunesを起動し、iPhoneをPCと接続します。


ステップ2、 iTunesでのiPhoneアイコンを押して、「バックアップを復元」を押せば、iPhoneにバックアップデータを復元できます。

バックアップを復元


もし現在のiPhoneの既存のデータを上書きしたくない場合、上記の「FonePaw データ復元 」の「iTunesバックアップファイルから復元」モードを活用して、iTunesのバックアップファイルのデータを選択的に取り出してください。

iTunesバックアップファイルから復元


「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」を選択すれば、ソフトが自動的にパソコンのiTunesのバックアップファイルが検出されます。復元したいバックアップファイルを選んで「スキャン」(スタート)を押せば、ソフトはバックアップの中身を解析します。

復元したいバックアップファイルを選ぶ


スキャンが終了したら、iTunesのバックアップファイルがカテゴリ別でプレビューできます。その中から復元したいデータにチェックを入れて「復元」を押せば、選ばれたデータだけパソコンの指定した場所に出力することが可能です。iTunesのバックアップを復元したいけど上書きされたくない場合には役に立ちます。


無料お試し 無料お試し

方法4、iCloudバックアップから消えたiPhoneメールを復元

iPhoneのメールをiCloudから復元したい時、まずはメールがiCloudに同期しているかどうか確認してください。iPhoneの「設定」>「(Apple ID)」>「iCloud」でメールがオンになっているとiCloudと同期していることです。

iCloudバックアップから復元


次にはiPhoneメールの保存期間も確認してください。iPhoneの「設定」>「(Apple ID)」>「iCloud」>「メール」>「詳細」>「削除」で保存期間が確認できます。

保存期間を確認


では、iCloud.comにアクセスしてApple IDとパスワードでログインしてください。iCloudにログインした後、表示されたメニューから「メール」を選びます。

iCloudのメール画面


ここではiCloudのメールを確認できます。もしiCloudメールのゴミ箱から消えたメールを見つけたら、それをクリックして、上部のフォルダアイコンを押して、メールを指定した移動先に復元できます。

指定した移動先に復元

もちろん、iCloudにはバックアップを作成しておいた場合、iCloudのバックアップファイルをチェックしてその中から削除されたメールを復元してみるのも対策の一つです。

「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iCloudバックアップファイルから復元」モードを選択し、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインすればiCloud側のバックアップをダウンロードできます。

iCloudバックアップファイルから復元


ダウンロードされたバックアップは「FonePaw データ復元 」で中身をプレビューできます。その中に復元したいデータを見つけると、それにチェックを入れて「復元」押せば、選定したデータはパソコンの保存先に出力します。


無料お試し 無料お試し

まとめ

古いデータがゴミ箱からも削除されたら、知らずに新たなデータに上書きされますので、iPhoneのメールが消えてゴミ箱にも見つからない時、できるだけ早めにメールの復元作業をやりましょう。iPhoneからメールが完全に消去されていない限り、上記の復元方法で取り戻せる可能性がありますので、チュートリアルに従って消えたメールを復旧してみることをお勧めします。


無料お試し 無料お試し