復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【2022最新】Flash動画(*.swf)をHTML5に変換する方法

by 橋本 学, 2021.7.8

Adobeは、動作が重くセキュリティ問題を抱えるFlashは携帯機器には不向きであるとして、「Flash」のサポートを2020年末に終了しました。「Flash」のサポート終了とともに、Adobeと連携するApple、Mozilla、Microsoft、Google等々は、Flashのブラウザ・プラグインの配布とサポートを終了させた一方、Flashの代替として、プラグインを必要としないHTML5を強く推奨しています。この記事では、変換ツールで既存Flash動画(拡張子.swf)をHTML5に変換する方法をご紹介します。

Flash(*.swf)をHTML5に変換する方法

Google Chromeをはじめ、多くのブラウザのデスクトップ版に内蔵させるFlash Playerを無効化にすることが発表しました。従って、過去作ったFlash動画(.swf)を再生するには、対応するHTML5に変換する必要があります。Flashゲームや動画を表示させたい際に、変換ツールがあると大変便利です。

ここでお勧めしたいのは様々な動画形式を変換できるソフトである FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) です。操作も難しくなく、無料でダウンロードでき、すぐにSWFファイルからHTML5に変換して再生することが可能です。まずは以下の無料ボタンでソフトをダウンロードしてインストールしましょう。

無料お試し 無料お試し

Flash(*.swf)をHTML5に変換する流れは以下のようになります。

1.ソフトを起動します。「ファイルを追加」ボタンをクリックすることで、変換したいFlash(.swf)動画をソフトに追加します。

ファイルを追加

2.次には出力として変換したいフォーマットを選ぶことです。ほとんど全てのブラウザが対応しているHTML5に含まれるビデオフォーマットは、Ogg、MPEG-4またはWebMです。その中には、WebMを使用するのが一般的です。

画面右側にあるファイル形式というアイコンを通じて「ビデオ」からWebMを選択してください。または、検索ボックスにWebMを入力することで、選択欄に表示されるWebM形式を選択します。

プロフィール

3.出力形式を選択すると、メイン画面に戻ります。「変換」ボタンを押すと、Flash(.swf)からHTML5への変換が開始されます。完了まで暫く待ってください。

変換

HTML5に埋め込める動画要素はWebM形式以外にものOgg、MPEG-4などがあります。

ここまで読めば、Flash動画の拡張子からHTML5への変換方法が理解できるはずでしょう。

いくつかの原因で、歴史舞台から降りなければならないが、Adobeが作ったSWFファイルをHTML5に対応できる形式に変換したら、過去作ったものを好きに楽しめます。もし興味があれば今すぐ 「FonePaw スーパーメディア変換」 を使って、Flash(.swf)動画をHTML5規格に変換してみてください。

無料お試し 無料お試し