動画のアスペクト比を変更するアプリのおすすめ

渡辺 茜, 2021.4.19

画面アスペクト比というのは、画面の横と縦の長さの比率を表します。今普及しているのは4:3と16:9二つの比率で、以前のテレビのアスペクト比は4:3で、今のよく使われているアスペクト比は大体16:9(ワイドスクリーン)です。

動画のアスペクト比がスクリーンのアスペクト比とは違う時、動画画面はなんとなくおかしく見えることがあります。例えば、16:9のアスペクト比にふさわしい動画を4:3のアスペクト比で再生される時、画面は縦に伸ばされるように見えて、解像度も変わります。この時はアスペクト比を変更する必要があります。これからはスマホとパソコンで動画のアスペクト比を変更するアプリをいくつかをお紹介します。

パソコンで動画のアスペクト比を変更する

パソコンで動画のアスペクト比を変更するには、簡単に動画と音声を編集、作成する機能を含める一つ強力なツール FonePaw スーパーメディア変換 (opens new window) をおすすめします。

1、 「FonePawスーパーメディア変換」 を起動したら、上にある 「ファイルを追加」 をクリックし、動画を追加します。そして 「編集」 アイコンをクリックします。

編集

2.画面が下図のように表示されたら、 「アスペクト比」 をクリックし、変更したいアスペクト比を選択して、 「OK」 をクリックします。

アスペクト比 設定

3.アスペクト比を設定したら、ステップ1の画面に戻ります。

「変換」 ボタンを押してください。

変換が完了したら、アスペクト比が変更された動画を確認できます。

アスペクト比 設定 完成

スマホで動画のアスペクト比を変更する

次は、動画のアスペクト比変更ができるスマホアプリを二つ紹介します。

正方形どん

長方形の動画を正方形にしたいなら、正方形どんは一ついい選択だと思います。動画を正方形にするのは特徴ですが、強制的に正方形に変更されないように長方形の動画をそのままInstagramに送る機能もあって、高画質出力、音声追加、枠線変更などもでき、Instagramをよく使っているユーザーにとっては便利な動画編集アプリです。

app 正方形どん

InShot

この前 動画の解像度を変更するアプリの紹介 (opens new window) についての文もInShotというアプリをお勧めましたが、解像度だけではなく、InShotは動画のアスペクト比を変更することもできます。「キャンバス」>「比例」の手順でクッリクすれば、アスペクト比が変更できます。1:2、2:1、2:3、3:4、4:3、4:5、16:9など多くの選択を用意され、非常に便利なスマホ動画編集アプリです。

アスペクト比 InShot

皆さん、いかがですか、お役に立ったら、この記事をシェアしてください。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.