iPhoneで突然「アクティベートできません」が表示される時の対処法

芹沢 琴音, 2021.4.21

アクティベートとは英単語の「activate」で“活動的にする”という意味です。iPhoneやiPadなどを使っている場合、その画面で表示されるアクティベートとは手元のiOS端末を動作できる状態にすることを指しています。

そのため、もしiPhone画面では突然「アクティベートできません」が出ると、何かの原因によってエラーが発生して、iPhoneのアクティベートがうまくできないということです。ここでは原因別で時の解決策をまとめて紹介しますので、iPhoneをアクティベーションできない時には参考にしてください。

iPhone「アクティベートできません」の原因と解決方法

「アクティベートできません」が出た場合、とりあえず万能の再起動で問題を解決してみましょう。iPhoneを再起動した後、まだ同じエラーが発生すると、次の対処法を試します。

# 1、不安定なインターネット環境

インターネットの接続が悪いのでアクティベートできない可能性もありますので、少し時間をおいて再度アクティベートを行ったり、或いは直接安定なWi-Fiに接続してからもう一度iPhoneのアクティベートを試します。

# 2、Apple公式側の障害

Apple公式の「システム状況」画面で「iOSデバイスアクティベーション」のサーバー状態をチェックしてください。横のボックスが緑色ではないと障害やメンテナンスが発生している可能性が高いです。それならしばらく待って、Apple側のトラブルが解決されてからiPhoneのアクティベートを行ってください。

システム状況

# 3、SIMカードの問題

「不正なSIMです」、「SIMなし」や「SIMが無効です」などのエラーメッセージが表示されたら、挿入したSIMカードが正しく認識されないかもしれません。そのSIMカードを取り出してからもう一度差し込んで、そして再びiPhoneのアクティベートをしてください。

iPhoneのキャリアと違うSIMカードを挿入した可能性もありますので、その時にはiPhoneのキャリア(ドコモ・Au・ソフトバンクなど)によってサポートするSIMカードを選択してください。

# 4、iOSバージョンが古すぎる

iOSバージョンやiPhoneデバイスが古すぎるため不具合が発生した可能性でもあります。特にアップデートされていない端末は不明なエラー(バグ)でアクティベートがうまく行えない可能性が高いですので、その時にはiOSバージョンを最新までアップデートしてください。

# 5、Touch IDやFace IDの不具合

iPhoneの設定したTouch IDやFace IDなどの認証機能はiOSアップデートなどによって不具合が発生したため、「Touch ID/Face IDをアクティベートできません」 が表示される場合もあります。

その時にはとりあえずロック解除ソフト「FonePaw iPhoneロック解除 (opens new window)」のパスコード解除機能で問題を解決してみることをお勧めします。このソフトの機能を利用するにはパソコンに最新のiTunesをインストールしておく必要があります。

注意:このソフトは水没・衝撃・修理不備・初期不良・経年劣化などによる物理的な破損を修復できません。物理的な破損によって「Touch ID/Face IDをアクティベートできません」が出た場合にはiPhone修理の正規店やAppleの公式サポートにお問い合わせください。

ステップ1、PCにインストールした「FonePaw iPhoneロック解除」を起動します。Face IDやTouch IDをアクティベートできない場合にはソフト画面の「パスコード解除」機能を選択してください。

起動 ホーム

ステップ2、「スタート」をクリックして、アクティベートできないデバイスをパソコンに接続してください。

スタート

ステップ3、アクティベートできないiPhoneやiPadがソフトに検出されると、デバイスの情報がソフト画面に確認できます。表示されたデバイス情報が正しくないなら変更してください。デバイス情報を確認した後、再び「スタート」を押します。

デバイス情報

ステップ4、上記のデバイス情報によってファームウェアパッケージがダウンロードされます。その後には「アンロック」をクリックしてロック解除を確認する画面に入ります。「0000」を入力し、そして「アンロック」を押して、アクティベートできないデバイスのパスコード解除をしましょう。

アンロック

ステップ5、パスコードを解除するうちにはソフト画面の操作ガイドに従って手動でiOS端末をリカバリーモードにすることもあります。パスコードが解除したら、パスコードだけではなく、Face ID、Touch ID、iOS端末の全てのデータが消去されて、Face IDやTouch IDをアクティベートできない問題も解消できます。

解除完了

パスコード解除が完了したら、iPhoneの初期設定画面で事前に作成したiTunesやiCloudのバックアップを利用して消去されたデータを復元できます。

「アクティベートできません」問題が発生した時、「FonePaw iPhoneロック解除」でパスコードを解除したら、iOSバージョンが自動的に最新までアップデートされます。もし端末の「iPhoneを探す」がオンにしているなら、パスコードを解除した後にはiCloudのパスコードを入力してiPhone・iPadをリセットする必要があります。

# 6、Apple IDによる「アクティベーションロック」

Appleアカウントは大切な個人情報を保護するために、「アクティベーションロック」という強固なセキュリティ対策でデータを守っています。「アクティベーションロック」を解除しないとiPhoneをアクティベートすることができません。

元のAppleアカウントのApple IDやパスワード、そして関連する電話番号やメールアドレスなどが分からないとiPhoneを使うことがどうにもできなくて「アクティベートできません」が表示されるようになります。

Apple IDによる「アクティベートできません」が発生した時、iTunesをパソコンにインストールし、そしてソフト「FonePaw iPhoneロック解除」のApple ID消去機能でトラブルを解消してみてください。

ステップ1、「FonePaw iPhoneロック解除」をパソコンにインストールした後、ソフトを起動し、表示されたソフト画面の「Apple ID消去」機能を選びます。そして「アクティベートできません」が発生したiPhoneをパソコンと接続します。

ステップ2、iPhoneやiPadで「信頼」をタップしてから、PC側のソフト画面で「完了」を押します。

ステップ3、Apple IDを消去する前に注意事項を読み、そして「スタート」を押してください。「Apple ID消去」機能を起動すればiPhoneに関連したApple IDが消去されるだけではなく、iPhoneの中のすべてのデータも削除されます。Apple IDを消去するためには最後までiPhoneとPCの接続を維持してください。

Apple ID消去

ステップ4、iPhoneのiOSバージョンと設定によってApple ID消去の結果が違います。

「iPhoneを探す」がオフ、或いは「iPhoneを探す」がオンでiOS 11.4以前のバージョンの場合: Apple IDとiPhoneでのデータはすべて消去されて成功します。

「iPhoneを探す」がオンでiOS 11.4以降のバージョンの場合: 「デバイスをサポートしません!」が表示されてApple IDを消去できません。

Apple ID消去完了

補足:ソフトでApple IDを消去した後の注意事項
Apple IDを消去した後、iPhoneをアクティベートできない問題の再発を防止するために:
1、これからはiTunesでiPhoneを復元・更新しないでください。
2、これからはiPhoneでの「すべてのコンテンツと設定を消去」機能を利用しないでください。

どちらでも元のApple IDをiPhoneに永続的に関連させる恐れがあります。それでは、iPhoneを起動する時には再び元のApple IDやパスワードを入力することが要求されます。

© 2014 - 2021 FonePaw Technology Limited, HongKong. Alle Rechte vorbehalten.