復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

【最新】iOS16対応機種や新機能またいつリリースなどの情報を紹介

by 橋本 学, 2022-06-17

新バージョンのiOS16がいつリリースされるかと、アップル製品のファンたちは注目を集めています。そのため本記事では、最新のiOS16いつリリースされるのか、iOS16対応機種のiPhoneまたどんな新機能が使えるようになるのかなど、iOS16についてまとめています。iOS16のサポートを終了するiPhoneの機種も含めて紹介します。

iOS16はいつリリースされるか?

2022年6月7日から6月10日まで、「WWDC」が開催されました。「WWDC」はApple Worldwide Developers Conferenceの頭文字を取ったもので、Appleが年に一度開催している開発者向けイベントであり、技術者・開発者を主な対象とし、アップル社の新製品や最新技術の説明のために行われます。

WWDC22

日本時間の2022年6月7日にWWDC22で「iOS16」が発表されました。現在のところ、新しいバージョンの試行として、ベータ版がリリースされます。最新のiOS16がいつリリースされるのか気になるでしょう。過去のiOS 発表とリリース日に基づいて、iOS16の正式版のリリースは2022年の9月ごろと予想されています。

iOS16の対応機種やサポート終了のiPhone/iPadについて

iOS16の対応機種については、今はまだ明確された情報がありませんが、非対応な機種ならiPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 PlusやiPhone SE(第1世代)があると言われています。iPadも同様にiPad mini(第4世代)、iPad Air(第2世代)、iPad Pro(2015年モデル)、iPad(第5世代)がiOS16に対応しないと推定されています。

それだけでなく、iOS16の対応機種なのに新機能が使えないというような状況もあると言われています。すなわち、iOS16をサポートするiPhoneだとしても、新機能がすべて使えるわけではないということです。カメラやチップの性能によって、利用できない新機能があるようです。

  • iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone Xs、iPhone Xs Max
  • iPhone Xr
  • iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)、iPod touch(第7世代)

iOS16に追加される新機能について

Apple公式ページの「iOS16 プレビュー」で新機能が紹介されています。最新の iOS16で最も顕著な変化というと、iPhoneのロック画面の様子が大きく変わっているとのことです。iOS16の新機能は以下の通りです。

  • ロック画面のカスタマイズ機能

  • 集中モードの設定が簡単に

  • iCloud共有写真ライブラリ

  • よく使うテキストメッセージが進化

  • メールの検索機能が進化した

  • テキスト認識表示のクイックアクション

  • 視覚障害者向けのiPhoneでドア検出機能

  • iPhone上でApple Watchを操作

  • 子供のアカウント管理ためのファミリー共有

  • ……

ロック画面のカスタマイズ機能

発表された新機能の中で最も注目が集まっているのはロック画面のカスタマイズ機能 です。この機能では、ロック画面にお気に入りの写真を表示したり、フォントスタイルを変えたりすることができます。そして、一連のウィジェットを映し出して、一目で情報をチェックすることもできます。

集中モードの設定が簡単に

効率化された新設定で、通知を許可するか受け取らないようにするかを選択することで、ユーザーが通知を受け取りたいアプリと相手を指定できます。これで、作業や仕事に集中できるように、集中モードフィルタによって不要またあまり重要ではない通知などを制限することができる機能です。

iCloud共有写真ライブラリ

これはカメラ撮影後に写真を家族と共有するための機能です。共有ライブラリの設定が完了すると、カメラアプリから瞬時に写真を共有したり、共有ライブラリの対象が近くにいる時に自動的写真を共有したりするオプションを選択できます。

よく使うテキストメッセージが進化

テキストメッセージの進化に伴い、送ったばかりのメッセージを編集したり、最新のメッセージの送信を取り消したりすることができます。相手からメッセージが来るときに即座に返信できなくて後で対応したい場合、メッセージに未開封のマークを付けることもできます。

視覚障害者向けのiPhoneでドア検出機能

iPhone標準搭載の「拡大鏡」という機能で、カメラで認識した対象を拡大できるだけでなく、人を検知して物体との距離を測ることも可能です。iOS16で更新されたこの機能では、ドア検出が新しく追加されます。ドアを見つけ、そこまでの距離を特定して到着するまでの距離を案内、ドアの開閉状態や開け方など情報を伝える視覚に障害がある方に気を配る新機能です。部屋番号、営業時間、車椅子が使えるマークなど重要な情報も読み上げます。

iPhone上でApple Watchを操作

ペアリングしたiPhoneから音声などでApple Watchを操作する「Apple Watch Mirroring」が新しく追加されます。iPhone上でスイッチコントロールなどの支援機能を使って、あなたのApple Watchを操作できます。

まとめ

アップル社に毎年開催された「WWDC」で発表された内容によって、iOS16の新機能に関する情報が大体分かります。正式版のiOS16がいつリリースされるかまだ不明ですが、ほぼ2022年秋に予定リリースされると信じています。リリースする時に、iOS16がサポートする対応機種、新機能の詳細など更なる具体的な情報が一層明らかになります。

iOSの新バージョンにアップデートした時に、リンゴループロック画面のブラックアウトなどの問題が発生しやすい、その場合、iOSシステム修復ソフト「FonePaw iOSシステム修復」を利用することがお薦めです。不具合の解消だけではなく、使い慣れていなかったら、データが失われることなくiOS 16ベータ版からiOS15にダウングレードすることも可能です。