復旧・修復
バックアップ・復元
データ転送
マルチメディア

1. 公式サイトからソフトをダウンロードします。

2. ダウンロードが完成したら、実行にインストールパックをダブルクリックします。すると、以下のような画面が表示されます。インストール言語を「日本語」にして、「OK」をクリックしてください。

インストール言語を選ぶ

3. 表示されたインストール画面で「次へ」をクリックすれば、ソフトの保存先選択画面に入ります。

次へ

4. ソフトの保存先を決めた後、インストール画面はプログラムグループの指定画面と追加タスクの選択画面になります。お好みで設定してください。

インストール先を指定

5. インストールの設定が完了すれば「FonePaw iPhoneロック解除」のインストール準備ができまして、インストール情報の確認画面になります。インストール情報をチェックした後、「インストール」ボタンを押して、ソフトのインストールを始めます。

インストール開始

6. 最後に、「完了」ボタンを押せば、「FonePaw iPhoneロック解除」のインストールは完了です。

インストール完了

1. スタートメニューから「FonePaw iPhoneロック解除」を見つけて、「アンインストール」をクリックしてください。そして、表示された確認画面で「はい」を選択します。

プログラムを探す

2. アンインストールは自動的に行われます。ソフトのアンインストールはすぐ終了しますので、完了まで少しお待ちください。

アンインストールを行う

3. アンインストールが完了した後、アンインストールが成功したページが表示されます。この画面で「FonePaw iPhoneロック解除」についてのご意見・ご感想を送信することができます。「FonePaw iPhoneロック解除」を改善するように努めている為、皆様にアンケートを実施させていただきます。ご協力頂ければ幸いです。

アンインストール完了

1. 「FonePaw iPhoneロック解除」の体験版には機能制限があります。制限なしで使えるには、製品版を購入し、ライセンス登録を行う必要があります。


2. 製品版を購入してから数分後、登録コードが届きます。そして、「FonePaw iPhoneロック解除」の体験版を起動すると、登録画面が表示されます。メールアドレスと登録コードをソフトに入力してください。これでソフトの有料製品版が使用できるようになります。

登録画面

機能1:パスワード解除

ステップ1、「FonePaw iPhoneロック解除」を起動

パソコンで「FonePaw iPhoneロック解除」を実行すれば、三つの機能が表示されます。「パスコード解除」を選択して、iOSデバイスのロック画面のパスコードを削除することを始めます。

パスコード解除モード

ステップ2、ロック解除を開始

「スタート」をクリックして、USBケーブルでiPhoneやiPadなどのiOSデバイスをパソコンに接続します。

ロック解除を開始

端末が検出されると、端末情報がソフトに自動的に認識されます。情報が正しくない場合、ソフト画面でデバイスのカテゴリ・タイプ・モデルを変更できます。

デバイスを認識

ステップ3、ロック解除を確認

ファームウェアパッケージのダウンロードが完了すると、「アンロック」をクリックしてパスコードを解除できます。

ここでは確認画面が表示されて、「0000」を入力して、そしてもう一度「アンロック」をクリックします。

ロック解除を確認

ステップ4、パスコードを解除してデバイスのロックを解除

次に「FonePaw iPhoneロック解除」のロック解除プロセスが始まり、その進捗状況を確認できます。20%になるとiOS端末が自動的にリカバリーモードになる場合もあります。

パスコードを解除

デバイスがリカバリーモードにならない場合には、下記のガイド画面が表示され、リカバリーモードになるやり方が表示されます。デバイスタイプに応じてデバイスをリカバリーモードにしてみてください。

デバイスがリカバリーモードになると、ロック解除のプロセスが続行されます。プロセスが完了するまでお待ちください。ロックが解除されると端末を正常に利用できるようになります。

プロセスが続行

パスコードが解除されると、画面のパスコードだけではなく、Touch IDやFace IDなどを含めてiOS端末を新しく設定することができます。

注意:

1、「iPhoneを探す」がオフになっているデバイスは、パスコードが解除されてもデータが消去されません。

2、「iPhoneを探す」がオンになっている場合、iOS 11.4以前のデバイスは「iPhoneを探す」のオン/オフに関わらず、データが削除されないが、iOS 11.4以降のデバイスはパスコードが解除されるとすべてのデータが削除され、またiOSバージョンが自動的に最新バージョンにアップデートされます。

3、iOS 11.4以前のデバイスで「iPhoneを探す」がオンになっている場合、パスコードを解除した後にデバイスをリセットするには、Apple IDにログインする必要があります。

ロック解除が完了

機能2:パスワード解除

ステップ1、デバイスをパソコンに接続

「FonePaw iPhoneロック解除」のソフト画面で三つの機能から「Apple ID消去」を選び、USBケーブルでiPhoneやiPadなどの端末をパソコンに接続します。パスコードを入力した後、「FonePaw iPhoneロック解除」が自動的にお使いのiPhone・iPadを検出します。

デバイスをパソコンに接続

ステップ2、Apple ID消去

「スタート」をクリックしてApple IDやiPhone・iPad・iPod Touchを解除するようになります。

Apple ID消去

「iPhoneを探す」がオフになっている場合:「FonePaw iPhoneロック解除」がApple IDの削除を始めます。数秒後、Apple IDが正常にロック解除されます。Apple ID消去が完了すればデバイス上のすべてのデータが消去されます。

「iPhoneを探す」がオフになる場合

「iPhoneを探す」がオンになっている場合:iOS 11.4以降の場合、お使いのデバイス上の全てのデータが消去され、またデバイスのiOSバージョンに最新のものにアップデートされます。iOS 11.4以前の場合、Apple IDは正常に削除されて、デバイス上のすべてのデータは消去されません。

注意:

1、ロック解除後、iTunesを使用してiOS端末を更新または復元しないでください。

2、ロック解除後、「すべてのコンテンツと設定を消去」機能を使用しないでください。

どちらも、お使いのiOS端末を元のApple IDにリンクさせてしまい、またAppleIDの情報を入力する必要が出てきます。

「iPhoneを探す」がオンになる場合

機能3:スクリーンタイムを解除

ステップ1、端末をパソコンに接続

ソフトの3つの機能から「スクリーンタイム」を選択してiOSデバイスをUSBケーブルでPCに接続します。「FonePaw iPhoneロック解除」がデバイスを自動的に検出します。

端末をパソコンに接続

ステップ2、スクリーンタイムのパスコードの解除を開始

「スタート」を押して、スクリーンタイムのパスコードの削除を始めます。

解除を開始

iOS端末での「iPhoneを探す」機能がオンになっている場合は、オフにすることを求めるメッセージが表示されます。「iPhoneを探す」機能がオフになると、スクリーンタイムのパスコードの削除が始まります。

「iPhoneを探す」がオフにする

ステップ3、スクリーンタイムを削除してリセットする

数秒後にスクリーンタイムが正常に削除されます。「OK」をクリックして、端末のスクリーンタイムのパスコードをリセットしてください。

操作手順は簡単だし、どのiOSバージョンでもデータの紛失なしにこのスクリーンタイムのパスコード削除機能を利用できますが、ここでは二つの注意事項があります:

1、初期設定でアプリとデータを設定する時には「Appとデータを転送しない」を選択して、データの紛失を防止できます。

2、初期設定でスクリーンタイムを設定する時には、「あとで“設定”でセットアップ」を選択して、スクリーンタイムが完全に削除されることを確保します。

スクリーンタイムを削除